こげぱんの資産運用

ピンチはチャンスなりをモットーに株式投資を中心とした資産運用についてつづります

マネーフォワード【3994】〜ユーザー交流会SHIPについて

初投稿:2021.3.23、更新日:2023.11.14

こんにちは!

この記事は、マネーフォワード【3994】に関心のある方に向けた株主としてのコメントをまとめたものです。

なお、2023年になってユーザー交流会であるSHIPに参加した時のことなどを追記し、記事をアップデートしています(更新箇所は青字です)。

【会社が所在する msb Tamachi 田町ステーションタワー】

f:id:cogepan20:20210322144118j:plain

1 マネーフォワードについて

⑴ 会社の概要

四季報では中小企業向け業務ソフトのSaaS、決済等のフィンテックに注力とあります。

個人的には、家計簿アプリ「マネーフォワードME」を長年愛用しておりそのイメージが強いです。 

売上高214億円、総資産659億円、時価総額2364億円の事業規模。

会社の付加価値(ブランド力やのれん)を示すPBRは8.12倍と高い評価を得ています。

●ミッション(追い求め続ける社会への指名)

 お金を前へ。人生をもっと前へ。

●ビジョン(ミッションを達成するために目指すべき未来)

 すべての人の、「お金のプラットフォーム」になる。

●バリュー(社会に約束する行動指針)

 ユーザー・フォーカス

 テクノロジー・ドリブン

 フェアネス

野心的かつ抽象的な印象を持ちました。

セグメント

マネーフォワードビジネスドメイン

法人向けサービスの提供

マネーフォワードホームドメイン

個人向けサービスの提供

マネーフォワードXドメイン

金融機関のお客様向けにサービスを開発

マネーフォワードファイナンスドメイン 

新たなソリューションの開発

⑵  株主となったきっかけ

会社を知るきっかけとなったのは、約5年ほど前から

・家計簿アプリ『マネーフォワードME』

を使うようになってから。

有料会員にもかかわらず、しばらく放置状態にしていましたが、改めてしっかりと使いこなすようになると、それなりに便利

そのこともあって、昨年から株主となりました。

株主総会時に控え席にて】

2 株主総会

⑴ 2021年の株主総会

2021年2月26日(金) 田町ステーションタワー 本社会議室

コロナ禍を理由に、参加者を20人に絞ったハイブリッド総会でした。

なぜ、このような形式にしたのか理解に苦しみます。

実は、自分の持株にユーグレナという会社があり、その会社のやり方をパクったような形式だったからです。

ユーグレナについては、長年の業績不振から社長が株主から手厳しい指摘を受けてきたので、コロナを理由に参加者を絞り込むという手を打ったのだろうと推察できます。

けれども、マネフォの場合、株主数を増やすと言っておきながら、株主の総会への出席に制限を設けるという姿勢は矛盾しているように思えました。

会社のバリューの中のフェアネスにも反するように思えます。

主な質疑応答

Q.育休の取得状況は?

A.約30名取得中(うち、男性13名、副社長の滝を含む。)

Q.個人投資家を増やす施策は?

A.IRメール、説明会、分割等

Q.ユーザー兼株主を増やす方法は?

A.SHIP(アプリユーザーの交流会)や説明会の強化

Q.経営上、着目している指標は?

A.売上高成長率 30~40%

  EBITDA 黒字化

決議事項

資本準備金の額の減少及び剰余金の処分の件

・定款一部変更の件

・取締役等の選任の件

で、滞りなく承認・可決されました。

【SHIPでの話題】

3 ユーザー交流会SHIPについて

マネーフォワードではユーザー交流会(SHIP)が定期的に開催されています。
会場が本社の際は、アルコールやおつまみもあり、お金について学びつつ、楽しい時間が過ごせると思います。
自分の場合、コロナ前では、
・オンライン:四季報の使い方や瀧さんのトークショー
・マネフォ本社での対面:資産運用についてのフリートーク、相続についての課題とテレビ東京の取材、近くの居酒屋での飲み会
などが印象に残っています。
コロナ後になってSHIPが復活したことを知り、早速参加。
8月:家計簿、資産運用などのテーマ別の座談会
9月:応募するも抽選で選ばれず
10月:フリートークで沢山の方と話しまくり!
思うに、お金の話は職場や親族の間でも話しづらいもの。
プロの人に相談すると商品やサービスの”提案”が伴いがち。
その点、家計簿アプリ「マネーフォワードME」のユーザーの間だと、いろいろな話をしたり聞いたりしやすいもの。
これまでに沢山の気づきや刺激をいただけました。
比較的、若い人、女性の比率が高いように思います。
興味がある人はマネフォからのメールやアプリのお知らせをチェックしてエントリーしてみてはいかがでしょうか。
【本社にて】

4 まとめ

マネーフォワードについて述べてきました。

家計簿アプリを利用しているとともに、毎月のように開催されるSHIP(ユーザー交流会)お金についてユーザー間で話し合える機会はありがたいと感じています。

ただし、株価は乱高下し続けているので株主になるのはそれなりの覚悟と忍耐が必要だと考えます。

資金効率やリスク管理を踏まえつつ、当社の成長を応援していきたいと思います。

お読み頂き、ありがとうございました。

 

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。