こげぱんの資産運用

ピンチはチャンスなりをモットーに株式投資を中心とした資産運用についてつづります

サムティ(3244)について

こんにちは!

 

この記事は、サムティに関心のある方に向けた個人投資家(株主)としてのコメントを記したものです。

 

【目次】

1 サムティについて

⑴ 会社概要

⑵ 株主となったきっかけ  

⑶ 業績

 

2 株主還元

⑴ 株主優待

⑵ 配当

⑶ 自社株式の取得

⑷ 議決権行使のお礼~1000円クオカード

 

3 株主としてのコメント

 

f:id:cogepan20:20210324092731j:plain

 

1 サムティについて

⑴ 会社概要

大阪発祥の総合不動産会社です。「サムティ、サムティ・・・♬」の歌で始まる柴犬まるちゃんのCMでおなじみの方も少なくないと思います。

最近CMが更新されましたが、株主優待で使えるホテルのある都市が映っているようです。

レジデンス、商業施設、オフィスなどからの賃貸収入による安定性(ストックビジネス)と、不動産流動化や投資用マンションの卸販売(フロービジネス)の2本が主な収益源です。

 

招集通知からセグメント別にみると

不動産事業(売上高構成比89%)

不動産賃貸事業(売上高構成比8.2%)

その他事業(売上高構成比2.8%)

となっています。

 

なお、サムティという社名は創業者の方々の頭文字にちなんだものだそうです。

 

 

⑵ 株式購入のきっかけ

旅行好きなためホテルの無料宿泊券に魅力を感じて株式を購入しました。

高配当かつ押し目をつくりながらも右肩上がりのため約3年間、保有し続けています

余談ですが、以前は志摩のリゾートホテルの無料宿泊券を株主優待としていた会社がありましたが、その会社が優待を廃止した今、サムティの存在は貴重なものと考えます。

 

⑶ 業績

6期連続増収、8期連続の増益・増配です。

サムティの取引形態であるBtoB(企業間取引)については、コロナ禍の影響は限定的だと説明がありました。

併せて、計画の修正や保有物件の入替を適時行ったことが、好業績につながったようです。

 

また、招集通知の連結損益計算書連結貸借対照表をもとに、収益性、安全性、効率性を個人投資家目線(素人的に)分析してみました。

大きな問題点を見つけることは出来ませんでした。

 

 

2 株主還元

⑴ 株主優待

 

【今期の株主優待~使えるホテル数が増加】

f:id:cogepan20:20210324092709j:plain

 

株主優待を使って利用させていただいたホテルは以下の通りです。

センターホテル大阪:2回 2019年2月、2019年12月(現在は優待対象外)

センターホテル東京:2回 2019年10月、2020年1月

エスペリアイン日本橋箱崎2回 2021年1月、2021年2月

 

宿泊したのは全てビジネスホテルです。

どのホテルも室内はそんなに広くはありませんが、きれいでかつ実用的で、もちろん、Wi-Fiも標準装備です。

終日Wi-Fiを使っていましたが、特に、時間帯によるつながりにくさや遅延もなく、比較的太い回線を使っていると思いました。

ユニットバスも清潔でアメニティも過不足ありませんでした。 

 なお、株主本人でなくても、家族であれば使えるそうです。

 

株主優待~過去に頂いたセンターホテル東京の宿泊券】

f:id:cogepan20:20210324092633j:plain

 

⑵ 配当金

以下の通り増配が続いています。

35期:33円

36期:47円

37期:68円

38期:79円

39期:82円

 

 

⑶ 自己株式の取得

2020年8月までなど、適時実施しているようで、株価に対しても所要の対策をしているようです。

株価下落の際の安心材料です。

 

⑷ 議決権行使の謝礼 

議決権行使のみで謝礼としてクオカード(1000円)を送付するサービスが前期、今期と連続で実施されています。

画期的な試みだと思います。

最近、このようなことをする会社が最近増えてきているようです(GCA)。

サムティがつくったひとつのトレンドかもしれません。

 

f:id:cogepan20:20210324092650j:plain

 

3 株主としてのコメント

株価はコロナ禍において買値を下回っていましたが、今は含み益がある状態です。

株価に関わらず、長期で保有を考えています。

 

 主な理由は、

 

・増収・増益が続いており今後も株価上昇の期待

・株主還元の良さ

 

の2つです。

 

いつの間にか、家族も株主になっていました。

まだ、大阪で開催される株主総会には一度も参加できてないことと、大株主である大和証券との関係がちょっと気になりますが、末永くホールドしていきたいと考えています。

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。

 

 

 

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。