こげぱんの資産運用

ピンチはチャンスなりをモットーに株式投資を中心とした資産運用についてつづります

アバント【3836】〜株主総会雑感

初投稿:2022.9.28

こんにちは!

この記事は、アバント【3836】に関心のある方に向けた株主としてのコメントをまとめたものです。

★★★★

企業価値の向上のための事業再編

・世界に通用するソフトウエア企業と外国人取締役

【目次】 

株主総会が実施された経団連会館

                      

1 アバントについて

⑴ 会社概要

会社四季報によるとパッケージソフト業種に区分されるソフトウエア会社。

総資産166億円、売上高187億円、時価総額507億円の事業規模。

PBRは4.79倍の評価。

企業理念等

下記の通りで、多少分かりずらさはありますが、よく考えられていると思います。

●ビジョン

Be Global

〜世界に通用するソフトウエア会社〜

●ミッション

経営情報の大衆化

〜経営情報を未来の地図に変えていく〜

●企業理念

100年企業の創造

〜価値創造に全員が燃える会社〜

●企業理念を支える価値観

・OPEN:開かれた精神を基礎となす。

VALUE:価値創造への情熱を育てる。

・STRETCH:最善への挑戦を続ける。

セグメント

2022年6月30日現在では「株式会社アバント」として下記の3つに区分されています。

●グループ・ガバナンス事業

●デジタルトランスフォーメーション推進事業

アウトソーシング事業

なお、2022年10月1日以降、組織再編により「株式会社アバントグループ」に再編されるとのこと。

セグメント区分の変更はわかりませんが、

・(新生)株式会社ディーバ

・(新生)株式会社アバント

・(新生)株式会社ジー

となるとのことです。

⑵ 株主になったきっかけ

6月決算銘柄で配当をしている成長企業を探していて発見しました。

NISA口座で保有しており概ね含み益で推移しています。

⑶ 経営分析

収益性

・売上高総利益率:48%

売上高営業利益率(10%以上は優良株):17%

高収益なビジネスモデルです。

会社はROEは20%以上を目標値としています。

今後も高収益が持続することを期待します。

安全性

流動比率(200%以上が望ましい):236%

自己資本比率(30%以上が望ましい):65%

短期的にも中・長期的にも財務的に懸念のない経営がなされていると考えます。

効率性 

・有形固定資産回転率:46.98

IT企業らしく、有形固定資産については効率的な経営がなされていると考えます。

株主総会が実施された経団連会館2階のカンファレンス】

2 株主総会

⑴ 株主総会

第26期定時株主総会 2022年9月27日(火) 経団連会館

お水お土産をいただいて会場へ入室しました。

広い会場で、感染症対策もしっかりとなされ付き。

株主への配慮が伺えて感心しました。

前の2列はスーツを着た方が着席されていました。

おそらく会社関係者と思いますが、TBSの株主総会のように不自然な拍手をするわけでもなく”ふつう”でした。

社長からは、事業再編を中心に熱のこもった説明を聞くことができました。 

また、質疑応答に際しては社長は真摯に対応されているご様子でしたが、微妙に答弁のずれを感じました。

下の写真にある「統合報告書」で書かれていますが、「対話力不足」なのかもしれません。

ちなみに、自分の中で質疑応答で”会話の成立度”が最も高かった社長は、アウトソーシング【2427】の社長さんです。

主な質疑応答

【事前】

Q.組織再編と企業成長の関係について

A.オーバーラップしている部分を省き顧客により一層寄り添える体制にするため。

Q.ディーバがアバントになったりして顧客に混乱を生じさせるのでは?

A.懸念はあるものの、顧客との関係の再構築への良き機会と捉えている。

Q.M&Aの考え方について

A.単に売り上げを上げるためでは意味がない。何のために行うかということまでしっかりと検討することが重要。

【会場】

Q.サイバーセキュリティについて

A.過去に攻撃を受けたことはあるが、顧客に大きな影響を及ぼすレベルではなかった。

また、米国でもサイバーセキュリティに注力しており、当社も同様の姿勢で臨んでいる。

Q.キラーソフトウエアについて

A.(集める、整える、意味付ける、届ける)のサプライチェーンを実現する上で重要なソフト。

Q.ROE、DOEの目標値は自社株買いを前提としているのか?

A.自社株買いをせず、収益性と配当性向を上げることで実現を目指す。

Q.クラウドサービスへの取り組みについて

A.当社は、ソフトウエアas a BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシングを目指しており、業務の部分に応じてパッケージやクラウドを適用しサービスの最適化を図っている。

Q.Go-Global、Be-Globalの次は?

A.世界を見据えつつ日本の顧客に最適なものを目指す。

決議事項

・剰余金処分の件

・定款の一部変更の件

・取締役4名選任の件

・監査等委員である取締役3名選任の件

・取締役の報酬額設定及び業績連動型株式報酬に係る報酬決定の件

・監査等委員である取締役の報酬額設定の件

拍手を持って賛成可決されました。

⑵ 株主還元    

配当

一株あたりの配当の推移は下記の通りです。

2022年6月期:13円

2021年6月期:11円

2020年6月期:9円

2019年6月期:15円

2018年6月期:12円

増減はあるものの一貫して配当していることは評価できると思います。

株主優待

なし

自社株買い 

なし

なお、写真のようなお土産を頂きました。

株主総会でいただいた”お土産”】

                

3 株主としてのコメント

⑴ 気に入っていること

下記については気に入っています。

・野心的な数値目標(CAGR20%、ROE20%、DOE5〜8%)を掲げる経営

・社内及び社外の外国人取締役の活躍

・お土産を含む株主を重視する姿勢(個人投資家が4割)

・社長が長距離ランナー

特に、”統合報告書”にて、株価を上げることが企業価値向上ひいては社会貢献(みんながハッピーになる)に通じると外国人の社外取締役が社長に力説されたと記載されています。

世界に通用するソフトウエア会社を目指す上で外国人取締役の活躍が期待されます。

また、社長が長距離ランナーであることを”統合報告書”の”ハセツネ”を読んで知りました。

自分も2022年10月9日に3年ぶりに開催される日本山岳耐久レース(通称「ハセツネ」、奥多摩の山奥を24時間以内で71.5km走る)に社長と共に走るので親しみを感じています。

⑵ 気になったこと

株主総会にリモートで参加していた外国人取締役の方が、議案採決の際に拍手していたのがお茶目で良かったです。

ただ、散会直前の新役員紹介の際、選任対象外だった二人の社外取締役の方が紹介されなかったのがちょっと不自然にも感じられました。

【読みやすくかつ読みごたえのあるアバントの統合報告書】

4 まとめ

アバントについて述べてきました。

最初は、業績好調なIT企業ぐらいの認識しかありませんでした。

けれども、株主総会に出席したり統合報告書を読む中で、世界に通用する企業への成長ストーリーへの期待長距離ランナーとしての社長への親しみの気持ちが高まってきました。

株主総会へのお土産に象徴されるように、株主を大切にする姿勢もありがたいです。

今後の飛躍を期待しています。

お読みいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #アバント #ソフトウエア #BPO

  

GG WAONカード(JAL MILAGE BANK付)雑感

初投稿:2022.9.12

こんにちは!

この記事は、GG WAONカードに関心のある方に向けた、ホルダーとしてのコメントをまとめたものです。

【目次】

【カードを作ったイオン東雲店】

1 GG WAONカード(JAL MILEAGE BANK)について

⑴  入会の経緯

55歳を超えたので家族から強力な入会を勧められていました。

数年間抵抗してきましたが、JALの株主になったことをきっかけとして入会しました。

ちなみに、20年以上も前にアメリカン航空で渡米したことがあり、その時にJALにも使えるマイレージ会員に入っていたような気がします。

残念ながら当時の会員カードは失念してしまいました。

きちんと管理することは大切ですね。

この記事も、備忘録として更新して行きたいと思います。

⑵  6つの特典

入会時の説明書にあった特典を列挙します。

1 マイル有効期限が36ヶ月→60ヶ月に延長

2 航空券やツアーの購入に使える千円分のeJALポイントのプレゼント

3 毎月15日は5%オフ&マイルが2倍

4 対象ツアーが最大5%OFF

5 おともdeマイル割引での搭乗で3000マイルプレゼント

6 イオンシネマで映画1本1,100円

⑶  将来の夢

将来、航空機で世界を1周する夢を持っています。

その際、JALが属するワンワールドANAが属するスターアライアンスのどちらかを利用することになると予想します。

訪れる国によって何方のグループを利用するかが決まると思いますが、今回マイレージ会員になったことで世界一周旅行という夢の具現化へ一歩踏み出したことを実感しています。

まだまだ、先のことですが計画段階からワクワクを楽しんでいきたいと思います。

JAL MILEAGE BANKカード】

f:id:cogepan20:20220311200303j:plain

2 飛行機の予約

早速、関西方面の旅行に伴い、飛行機の予約をパソコン画面で実施しました。

実はこれまでの飛行機の利用は全てパッケージ旅行によるもの。

よって、単独で飛行機の便を予約するのは初めての経験。

東京ー大阪便ですが、さまざまな価格が溢れていることにびっくりしました。

チケットショップで東京ー大阪館の新幹線のチケットはおおよそ1万3千円

飛行機なのに朝早い便などは7千円台で買えました。

どうやら早く予約すると割引が効くようで、45日前までの割引を利用しました。

ここでJAL MILLAGE BANKの会員番号が役に立ちました。

3 気に入っていること

JALを利用する際、”マイレージ”の番号が役に立ちました。

そして、JALマイレージはマネーフォワード(家計簿アプリ)対応なので、ポイントの見える化ができていて助かります。

ちなみに、現在は

・マイル499

・ポイント1000

となっていています。

マイルはまだまだ少ないですが5年間の有効期限はありがたいです。

2023年3月31日までの有効期限のeJALポイントが千円分付与されています。

次回、チケット購入時に活用して行きたいと思います。

また、毎月15日はG .G感謝デーなのでワオンでの支払で5%オフマイルが2倍だそうです。

ただし、ボーナスポイントが付与される商品の場合、半分がマイルに加算されるようなのでご注意下さい。

個人的にはボーナスポイントの付く商品はクレジットカード等の別の決済手段を選ぶようにしています。

こちらもしっかりとポイントの理解と管理が必要ですね。

4 まとめ

GG WAONカード(JAL MILLAGE BANK付)について述べてきました。

ワオンカード&マイレージカードの基本について整理してみました。

今後も、イオンでの買い物での活用、JALの株主としての立場を踏まえ飛行機の利用や旅行についていろいろと記事を追記していこうと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

WAON #イオン #JAL #マイレージ

 

 

IGポート【3791】〜株主総会雑感

初投稿:2022.9.

こんにちは!

この記事は、IGポート【3791】に関心のある方に向けた株主としてのコメントをまとめたものです。

・コンテンツ・プロバイダー

・NFTやゲームに期待

【目次】 

株主総会の会場となった三鷹産業プラザ】

                      

1 IGポートについて

⑴ 会社概要

攻殻機動隊』等のアニメ制作会社を子会社にもつコンテンツ・プロバイダー

総資産114億円、売上高118億円、時価総額77億円の事業規模

PBRは1.35倍と低めです。

四季報によると業種はメディアで、時価総額順位は79/132社

比較会社として東映メディアやサンリオが挙げられています。

企業理念 

ホームページでは社長の挨拶の中で

「愚直さ」、「地に根を張った成長」

が強調されていました。

企業が大きくなるためには企業理念を社員が共有することが不可欠だと書かれた書籍もあります。

もう少し、企業理念等を分かりやすく伝えるなどのホームページの改善が必要だと感じました。

セグメント

●映像制作事業

●出版事業

●版権事業

●その他事業

重要な子会社

●(株)プロダクション・アイジー(アニメ制作)

●(株)マッグ・ガーデン(コミック出版)

●(株)ウイットスタジオ(アニメ制作)

●(株)シグナル・エムディ(アニメ制作)

●(株)リンガ・フランカ(Web漫画運営)

Production I.G.、LLC(版権)

⑵ 株主になったきっかけ

約10年ほど前、株式を保有していた時期がありました。

流行りのNFTとの関連もあるということで久しぶりに株式を購入。

株価のモメンタム(勢い)も強く利益をもたらしてくれました。

ちなみに、『攻殻機動隊』のファンです。

⑶ 経営分析

収益性

・売上高総利益率:18%

売上高営業利益率(10%以上は優良株):5%

収益性は良くありません。

世界的に人気のあるコンテンツを供給してきた当社の実績やポテンシャルを考えると改善の余地は小さくないと考えます。

安全性

流動比率(200%以上が望ましい):164%

自己資本比率(30%以上が望ましい):48%

短期的及び中・長期的な安全性については盤石ではないものの、それほど心配することはなさそうです。

なお、株主総会の中で、現金には比較的余裕がある旨の話(投資用資金)がありました。

効率性 

・有形固定資産回転率:6.69

全業種の平均値が46.9であることを考えると効率的とは言えなさそうです。

また、(株)プロダクション・アイジーの有する遊休資産(土地)等の減損損失が計上されています。

少なくとも土地の活用については効率的な経営がなされていないと考えて良さそうです。

なお、映画制作費が映像マスターとして有形固定に計上されているのが当社の特徴です(東宝等は映画製作費は棚卸資産として計上)。

そして、有形固定の勘定科目については金額順に「映像マスター」、「土地」、「建物及び構築物」となっています。

株主総会の案内板】

2 株主総会

⑴ 株主総会

株主総会開始は11時と株主総会招集通知に記載。

5分ほど遅れて会場入り。

でも、その時はすでに質疑応答で盛り上がっていました。

後で聞くと、10:58分ごろから会社説明が開始され、石川社長はコロナで欠席する旨が告げられたそうです。

その後、会場に集った数十人の熱烈な株主からの質疑が続きました。

主な質疑応答

Q.ウィットスタジオへの投資について

A.キャッシュを生むための投資を重視していく。

Q.松戸でのミニスカポリスへのクレーム事案に鑑みたリスク管理について

A.性、未成年者についてはガイドラインで対応している。

Q.作品のシリーズ化について

A.シリーズ化は手段であって目的ではないという指摘はごもっともだが、人気作品とキャッシュを生む作品に乖離があることも事実。

今後もシリーズ化を適切に実施していく。

Q.クリエイターに対する目利き力と経営について

A.和田取締役の作品選定力を通じてクリエイターと経営が力を合わせていく。

Q.(半導体を例に)投資をしないリスクについて

A.機会損失の無いようにに適切な投資に努める。

Q.ウイットスタジオに代表作品がないことについて

A.キャパシティの限界等の理由で原作が他社に移ってしまったのは事実。

今後は体制を整え、20周年記念が盛り上がるよう頑張る。

Q.コナンのエンドロールに当社の名前があったことについて

A.この業界は狭い業界で互いに助け合っている。

コナン(エバンゲリオンも)については、当社から売り込んだものではなく、依頼に基づきクリエイターの意向を踏まえて協力したもの。

金銭的報酬はいただいている。

Q.投資するコンテンツに対する目利き力について

A.核心をついた質問です。

ネットで話題の作品とキャッシュを生む作品に乖離があるのは事実。

30代の若手社員にもそのことを意識させ、人材の地層を作っていきたい。

Q.シグナル・エムディの今後の展開について

A.ある一定のクオリティの作品を長期間作り得る特徴を活かした受注戦略を重視している。

新しい作品に期待してほしい。

Q.オルタナについて

A.立ち上がったばかりの会社で守秘義務があり細部は話せない。

ゲーム会社の関連を実施している。

Q.川下に関する成長戦略について

A.和田、郡司の取締役を中心にNFT、ゲームとの関わりを検討している。

Q.マッグ・ガーデンについて

A.関西に密着した作品(作家)を有することが強み。

Q.サンリオとのコラボについて

A.ここだけの話にしておいてほしいのですが・・・(すみません、書けません)。

Q.『鹿の王』はテレビシリーズの方が良かったのでは?

A.『鹿の王』は劇場作品でなければ成立し得なかった作品。

ただし、ダイジェスト版にならないようにとのご指摘は今後の業務に活かしたい。

Q.ゲーム市場進出に当たりハードウエアとの関連について。

A.守秘義務があり詳しくは言えない。

ただし、双方向性を重視した全体を考えることが重要と思量している。

Q.『アオアシ』等スポーツアニメにおける地位確立について

A.スポーツアニメにおける当社のブランドを認識している。

今後は、『ハイキュー』に注力していく。

決議事項

・剰余金処分の件

・定款一部変更の件

・役員賞与支給の件

全体の討議が終了した後、一つ一つの議案について”審議”がなされましたが、特に質疑はなく拍手を持って賛成・可決されました。

株主総会雑感

約10年ほど前の株主総会では石川社長のカリスマ性が印象的でした。

今回の総会では石川社長は不在でしたが、若手の取締役の皆さんの質疑応答に対する的確な対応を拝見して、世代交代が比較的順調に推移しているのではないかと感じました。

ただし、会社はここ10年著しい成長がなかったのも事実(ゆえにスタンダード市場)。

NFTやゲームとの親和性のあるビジネスをしているので、成長戦略をしっかりと立てて企業価値の向上を目指すことを望みます。

また、多くの株主の参画を促すため、株主総会は会社からの業績報告や対処すべき課題、成長戦略をしっかりと語った方がいいと思います。

上場している市場がスタンダードなので、株主総会の運営もスタンダードであることが、新規の投資家の参入障壁を下げることにもつながると考えます。

経営改革に期待します。

⑵ 株主還元    

配当

過去の一株当たりの配当の推移は下記の通り。

2022年5月期:5円

2021年5月期:10円

2020年5月期:5円

2019年5月期:5円

2018年5月期:5円

比較的安定配当と考えます。

株主優待

なし

自社株買い   

発行株式の4.6%に相当する23万2千株を取得したと22年5月10日に発表されています。

三鷹産業プラザ出入口】

              

3 株主としてのコメント

⑴ 気に入っていること

中期経営計画が策定され、キャッシュフロー獲得を重視することが明記されているます。

企業価値向上が期待されます。

また、NFTやゲームとの関連においても飛躍的な発展の余地を残しています。

併せて将来的な成長を楽しみにしています。

⑵ 気になったこと

株主総会では一部の株主の質問が集中していました。

総会において自分の好みを株主が主張するのは否定できませんが、経営陣には常に全体最適を心がけてほしいと思います。

質疑応答で強調されていたように、ネットで人気の作品とキャッシュを生む作品は必ずしも一致しません。

ファンの意見を踏まえつつも、ビジネスとしての視点を忘れずに経営者のみなさんには経営に専心していただきたいと思いました。

4 まとめ

IGポートについて述べてきました。

十数年ぶりに株主総会に出席し、若手役員が頑張っている姿を見て頼もしく感じました。

一方で、株主総会の運営要領やホームページなど若干スタンダードからずれている点が見受けられました。

さらなる経営改革に期待します。

お読みいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #IGポート #攻殻機動隊 

  

Sansan【4443】〜バーチャルオンリー株主総会雑感

初投稿:2022.8.31

こんにちは!

この記事は、Sansan【4443】に関心のある方に向けた株主としてのコメントをまとめたものです。

・連結売上高成長率20%以上

・バーチャルオンリー株主総会

★★★★

【目次】 

【渋谷ストリーム】

                     

1 Sansanについて

⑴ 会社概要

名刺管理のCMで有名なIT企業です。

総資産262億円、売上高204億円、時価総額1658億円の事業規模。

PBRが13.71倍。というのはPBRはのれん、ブランド力、無形資産を象徴していると言われます。

PBRの高さは当社に対する投資家の期待の高さを物語っていると考えます。

企業理念 

●Mission

出会からイノベーションを生み出す

Vision

ビジネスインフラになる

MissionやVisionはシンプルで分かりやすものです。

セグメント

●Sansan /Bill One事業

・営業DXサービス「Sansan」:名刺管理サービス→営業DXサービス

クラウド請求書受領サービス「Bill One」:請求書の受領→受領・発行

●Eight

・キャリアプロフィール「Eight」:名刺アプリ→キャリアプロフィールアプリ

⑵ 株主になったきっかけ

5月決算企業であり、CMで馴染みのある成長著しいIT企業であったことから関心を持っていました。

今回、株主となって株主総会を通じて会社の様子を伺いたかったのですが、バーチャルオンリー総会となってしまい物足りなく感じています。

⑶ 経営分析

収益性

・売上高総利益率:88%

売上高営業利益率(10%以上は優良株):3%

粗利率の高い高収益のビジネスモデルと考えます。

営業利益率の低さについて、社長からは

”成長のために販管費を投じた”

との説明がありました。

その成長のための投資が後何年続くのかが気になりました。

また、連結売上高成長率20%以上を最重要経営指標にしているとこのと。

期待できます。

安全性

流動比率(200%以上が望ましい):146%

自己資本比率(30%以上が望ましい):46%

望ましい水準には達成してないものの、短期的にも中・長期的にも安全性には問題ないと考えます。

効率性 

・有形固定資産回転率:25.33

IT企業らしく有形固定資産回転率は悪くありません。

BSで有形固定資産の勘定科目を見ると大部分が「建物及び構築物」で、残りは「その他」となっています。

ちなみに、BSにおいては投資有価証券が62億円以上と、他の科目に比べて巨額であることが特徴として捉えられます。

神宮外苑の銀杏並木】

2 株主総会

⑴ 株主総会

第15回定時株主総会 2022年8月30日(火) バーチャルオンリー総会

参加しました。

待ち時間にCMが流れていました。

総会開始時はちょっと何かあったのか、”やり直し”されました。

その後は不足事態発生時の

”議長への一任”

について賛成・反対の採決がなされ、賛成となりました。

続いて事業報告についてビデオが流れ増収・増益が報告されました。

次に、対処すべき課題(成長戦略)が社長から語られました。

5つの事業の今後の展開について要点が簡潔に伝えられましたが、期待できるものでした。

主な質疑応答

事前を含めてなし。

決議事項

・定款一部変更の件

・取締役5名選任の件

・監査等委員である取締役2名選任の件

・取締役に対する株価条件付きストックオプションとしての新株予約権の内容決定の件

3分間の投票を持って賛成・可決されました。

終了後、2名の新役員の紹介がなされました。

⑵ 株主還元    

配当

なし

当面は内部留保と成長のための投資を通じて株主に報いるとのこと。

株主優待

なし

【渋谷スクランブルスクエア】

               

3 株主としてのコメント

⑴ 気に入ったること

20%を超える連結売上高成長率を最大の経営指標にしていることは立派だし、今後の成長が大いに期待されます。

また、関連事業の多角化を進めている点も、事業リスクの分散という点で評価できます。

⑵ 気になったこと

バーチャルオンリー総会はイマイチでした。

というのも「出会いからイノベーションを生み出す」というのが会社のミッション。

でも、バーチャルオンリー株主総会では出会いは限定的

実際問題、質問が事前を含めて一件もないのは寂しいです。

また、配信での”背景ぼかし”は隠し事をしているようで、印象が良くありません。

来季は、株主と経営陣の良き出会いに資するようなハイブリッド総会を希望します。

4 まとめ

Sansanについて述べてきました。

成長著しい企業であり、かつ、事業ポートフォリオの分散によるリスク管理もしっかりとなされている良い企業だと思いました。

ただし、バーチャルオンリー株主総会では、株主と経営陣との良き出会いにはなりにくいと感じました。

高いPBRが弾けないよう、株主総会を活かした株主と情報交換、ひいてはブランド力の維持・向上に努めることを期待します。

お読みいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #Sansan  #名刺 #キャリアプロフィール

  

FPフェアin東京(2022年)雑感

こんにちは!

この記事は、日本FP協会が主催するFPフェアin東京2022に参加した時のことをまとめたものです。

【目次】

1 全般

日本FP協会の会員の方を対象とした講演会等のイベントです。

参加費は5500円と安くはありませんが、FP会員維持に必要な単位がいただけるとあって多くの会員が毎年参加しています。

コロナ前は2日間に及ぶ盛大なイベント(セミナー、懇親会)が東京国際フォーラムで実施されていましたが、現在は規模が大幅に縮小されて東京ビックサイトでの開催となっています。

自分の場合、非金融のキャリアだったこともあり知見を高めるためにFPになった約5年ほど前からこのイベントには毎年参加しています。

2 『コロナ恐慌と世界経済の今後』

基調講演は京都大学の柴山圭太氏でした。

ちなみに副題は

ウクライナ戦争で拡大する危機〜

でした。

⑴ 主な内容

グローバル化の時代ウクライナ戦争等により終了しつつある

・世界はデフレからインフレの世の中に

・米国の景気後退は2023年

・インフレの原因は、需給ギャップ、世界的な供給網の機能不全、人手不足

・コロナ禍→日米欧の中央銀行が2020年に2500兆円の資金を供給→インフレ→利上げ(現在)

中国バブルの崩壊(日本のバブル時、家は年収の19倍、中国では57倍)

・象チャート〜先進国の人の富が中国・インド・メキシコと一部の超富裕層に流出

・世界の分断〜民主主義VS権威主義、地方VS都市部、エリートVS非エリート

⑵ コメント

聞いたことのある話が8割。

聞いたことのなかった話の中で、象チャートを用いた富の移動の話は興味深かったです。

全体として分断の話など不安を煽る内容が多かったように思います。

例えば、米国のウクライナへの対応が中国の台湾侵略を促す誤ったメッセージとなっていると講師は主張します。

本当でしょうか?

そもそも、ウクライナは米国とは同盟関係になく、最初から軍隊を派遣しないと言っているに過ぎません。

これに対して、台湾に対しては「台湾関係法」に基づく防衛の根拠があり、米国海兵隊が秘密裏に巡回しており、大統領も「台湾を守る」と明言しています。

さらに、大統領の態度が甘い、ということで議会を代表してペロシ議長が台湾を訪問。

国際関係についての講師の見解はイマイチ。

不安を煽って商品やサービスを購入させる”金融界のスタンダード”に講演の内容が馴染んだから、基調講演に選ばれたのかと感じました。

3 『FPのための行動経済学

2番目の講演は大阪大学大竹文雄氏。

FPの実務に役立つ内容でした。

⑴ 主な内容

・(ライフサイクル仮説として)良いと分かっていても出来ない投資の原因

・貯蓄目的の変遷〜教育費→病気・まさかへの備え→老後資金

行動経済学を用いて顧客を投資に導くステップ

・先延ばしの原因としての「現在バイアス」(何よりも今を大切に生きる)

「損失回避」〜利得よりも損失を2.5倍大きく感じる(プロスペックと理論)

「確実性効果」〜人は不確実なものには魅力を感じない

ナッジ(注意を聞く、肘で人を軽く押す)の活用

コミットメントの有効性

⑵ コメント

聞き手がFPであることを意識した講演内容であり色々と参考になりました。

「貯蓄から投資へ」の流れが冴えないことは何となく分かっていることでも、行動経済学を用いて分析して対応策に繋げているロジックは納得できるものでした。

また、午後の眠い時間を踏まえ、聞き手に対してYES、NO質問をしていたのは良かったと思います。

そして行動経済学人類史の研究が結びつくと、例えば、「現在バイアス」(今を大切にすること)私たちの特性がどのようにして身についたのかなどが解明されるのではないかと期待してしまいました。

4 『会計情報からビジネスモデルを読み解く』

3番目は慶應義塾大学の村上裕太郎氏からの講演でした。

普段、持株のことについて当ブログで記事をアップしていることもあり、今回の会計の話は、ここ数年の間で受講した中では最も興味深く拝聴しました。

⑴ 主な内容

・会計は難しすぎる(情報量が多い)ので箱を書いて大きな箱に注目(競争優位性)

・会計とは経営の写像複式簿記

・バランスシート(BS)と損益計算書(PL)を読み解けるようになることが大切

総資産回転率はビジネスのスピードを表すもので日本企業の平均は1

・企業のBSはストックがフロー(現金)を生み出すが、家計のBSはストック(持家)がフローを生み出さない違いがある

ソフトバンクの株価の乱高下からコロナの損失と恩恵が垣間見れる

・百貨店の多角化三越伊勢丹やJFRは不動産に注力、丸井はフィンテック会社)

ANAの方が積極投資が裏目に出て赤字が拡大したが、貨物部門を持っているため物流の活性化の恩恵を受けている(JALは貨物部門を売却?)。

オリエンタルランドの損失の小ささは原価に占める変動の割合が大きいため(人件費(変動費)、アトラクションの減価償却費(固定費)、ロイヤルティ(変動費))

任天堂はハードウエアを赤字で販売しソフトウエアで稼ぐ粗利の大きなビジネスモデル

任天堂のソフトのパッケージ販売では利益は6割、ダウンロード販売では100%。

Netflixのコンテンツの賞味期限(償却)は4年。

東宝製作委員会により映画制作のリスクに対応。

Amazon手数料は34%と高額だがAmazonを使わなければ物が売れない

トヨタ関連会社の株式を保有することによって系列を維持、今後はモビリティやまちづくりに活路を模索

ROE利益率、回転率、財務レバレッジの掛け算

・日本企業は利益率が低く、労働生産性の低さが原因(解雇規制もその一因)

選択と集中の見直しが始まった!

・関連多角化による経営により企業がゴーイングコンサーンとして生き残ることが重要

・企業が生き残ることは人材の育成や企業文化の醸成に不可欠

⑵ コメント

時間があっという間でした。

具体的な企業分析についてもっと知りたかったです。

でもJALは貨物部門売却と講師はおっしゃっていましたが、株主通信の内容では航空貨物の機能が存在していたような・・・。

何事も、自分で頑張って調査し、さまざまな角度から分析して結論に導くことが大切ですね。

5 まとめ

FPフェアin東京(2022年)について述べてきました。

知識は行動を伴わなければ意味がないという指摘もあります。

せっかく5500円も出した知識なので、将来行動に結びつけられるようにと、まず、自分なりにまとめてみました。

改めて、マクロ経済の分析、FPとしての業務、企業分析等に役立つ講演だったと思います。

早速、持株についての記事に活かしていく予定です。

お読み意いただき、ありがとうございました。

日本国土開発【1887】〜不動産の付加価値アップ&売却も手がける老舗ゼネコン

投稿日:2022.8.25

こんにちは!

この記事は、日本国土開発【1887】に関心のある方に向けた株主としてのコメントをまとめたものです。

・戦後の国土を復興させるために創業、ゼネコン初の再上場

・「健康経営銘柄」に2年連続で選出

【目次】 

株主総会の会場 本社】

                  

1 日本国土開発について

⑴ 会社概要

総資産1547億円、売上高1267億円、時価総額605億円の事業規模です。

PBRは0.68倍と厳しい市場の評価。

企業理念 

我が社はもっと豊かな社会づくりに貢献する

長期ビジョン

建設×マシナリー×ICTというユニークな経営基盤を活用し、グローバル市場における新しい価値の創出により、成長する企業を目指す

セグメント

・土木事業:551億円(売上高)

・建築事業:589億円(売上高)

・関連事業:138億円(売上高)

⑵ 株主になったきっかけ

5月決算期企業で高配当株ということから2021年に株主となりました。

NISA口座で保有中です。

ちょっと含み損を抱えていますが、気長に株価上昇を期待しています。

⑶ 経営分析

収益性

・売上高総利益率:13%

売上高営業利益率:7%

それほど高い収益性とはいえません。

安全性

流動比率(200%以上が望ましい):252%

自己資本比率(30%以上が望ましい):52%

短期的にも中・長期的にも問題ない水準です。

なお、株主総会にて社長は自己資本比率45%程度が妥当と考えているとのことでした。

効率性 

・有形固定資産回転率:4.32

建設業の平均値が18.7であることを考えると物足りない数値だと考えます。

まだまだ効率化できる余地が多いようです。

株主総会の案内板】

2 株主総会

⑴ 株主総会

第93期定時株主総会 2022年8月25日(木) 本社

受付で会社のロゴ入りのペットボトル水をいただきました。

会場前には会社のマスコット?と商品の模型が展示。

会場内の待ち時間は会社のPRビデオが流れていました。

社長の挨拶により株主総会が開始。

途中、ビデオによる事業業績の紹介があり、その後に社長から対処すべき課題と中期計画、長期ビジョン等の説明がなされました。

主な質疑応答

Q.不動産投資事業(関連事業)の展望について

A.土木事業は環境の変化を受け易いが、関連事業は自らが主体となれる事業である。不動産の付加価値を高めて含み益の資産を作り、それを計画的に売却している。

資産の単なる切り売りではないので、心配はいらない

Q.今季の事業の進捗状況について

A.手堅い目標設定をしていることもあり順調に進捗している。

Q.自己株式の取得の今後の展開について

A.300万株7月に時間外で取引した。

後は来年の4月まで日々購入する予定である。

Q.取締役における建築にもDXも知見を有する人材について

A.社内ではなかなかDXに強い人材がいないことから社外の力を借りてDXを推進する。

Q.仙台ワーケーションの将来性について

A.試験的事業であるが、現状、ワーケーションの受け皿としてはほぼ独占状態。

今後の需要動向によっては規模拡大も考え得るが、収益化の見通しについてはまだ申し上げる段階にない。

Q.自社株買いと配当の割合について

A.配当については配当性向30%でこれまでやってきたが、今後はDOE(株主資本配当立=年間配当額➗自己資本)2〜3%で対応する。

自社株買いについては今後も機動的に実施する。

Q.女性活用についての具体的な指標について

A.建設会社であったことから女性が働き易い環境づくりに取り組んでいる。

女性の比率は全体で3%程度、直近の採用比率は20%となっている。

決議事項

・剰余金処分の件

・定款一部変更の件

・取締役6名選任の件

拍手を持って賛成・可決されました。

新役員2名の紹介がありました。

拍手はありませんでした。

総会終了時・散会時も拍手はなく、ちょっと寂しかったです。

【総会会場の受付にて】

⑵ 株主還元    

配当

過去の一株あたりの配当金の推移は下記の通りです。

2022年5月期:26円(34%)

2021年5月期:26円(30.4%)

2020年5月期:28円(32.2%)

2019年5月期:32円(30.3%)

2018年5月期:15円(32.8%)

おおむね配当性向30%で推移しています。

配当利回りとしては4〜5%程度で悪くありません。

欲を言えば、もう少し安定させたほうがありがたいです。

株主優待   

なし 

株主総会で頂いた自社ロゴ入りの水】 

             

3 株主としてのコメント

⑴ 気に入ったこと

真摯な株主が参加する総会

老若男女を問わず株主からの質問は真面目で興味深いものが多かったです。

気持ちの良い総会でした。

コロナ禍ではありましたが、会社の過去を知りつつも将来性(ワーケーション事業を含む)に期待している株主に多く接することができて良かったと思います。

90年を越える伝統を有する企業の強みかもしれません。

積極的な株主還元等

配当利回り4〜5%の高配当を頂いています。

また、ロゴ入りの水を総会会場で配っていたことも好感が持てます。

株主に対する中期、長期の説明も丁寧でわかりやすかったです。

全体的に株主還元には積極的な姿勢があり気に入っています。

⑵ 気になったこと

質問に対する回答

質問に対する説明が、説明資料の関連部分を読み上げていることが多く回答としてはイマイチなものが少なくありませんでした。

担当が紋切り型の説明をしたあと、議長が株主の立場に立って補足するぐらいの配慮があっても良いようい感じました。

そのことが、総会終了時の拍手が無かったことにつながったのかもしれません。

PBRの低さ

業績は好調で高配当株なのに、何故か株価は冴えません。

取締役への女性の登用も今回実現しました。

けれども、PBRは0.6〜0.7倍程度

何故、こんなにも厳しい評価なのでしょうか?

一般にPBRは企業の無形資産、ブランド力、のれんに関連します。

そのような意味で、企業イメージのアピールが足りないのではないかと推察します。

もっと、”第2創業”くらいのインパクトがあってもいいような気がします。

実際、過去は東日本大震災の復興需要、現在は太陽光パネル事業、そして今後は関連事業(大型販売用不動産の売却)に注力するということで、収益構造の変革に取り組んでいます。

積極的なIR活動に期待します。

【株主通信】

f:id:cogepan20:20220311201707j:plain

4 まとめ

日本国土開発につて述べてきました。

中堅のゼネコンでありながら、変化する時代に巧みに対応しようとする姿勢が伺えました。

業績も好調で高配当、さらには将来への成長ストーリーも明確にされています。

ただし、PBRの低さなど株価はさえず、市場や投資家からの評価は厳しいものがあります。

会社のブランド力の弱さからIR活動を含むアピール不足を指摘しました。

実力・実績はあるのでもう少し投資家の心にささるようなIRを工夫することで、再評価される可能性を感じています。

その日が来るまで、株主を続けたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #日本国土開発 #ゼネコン #ワーケーション

  

ビックカメラSuicaカード雑感

初投稿:2022.8.

こんにちは!

この記事は、ビックカメラSuicaカードに関心のある方に向けた、ホルダーとしてのコメントをまとめたものです。

お持ちの方も少なくないと思いますが、これまで見落としていたキャンペーンサービスなどの”気づき”も取り上げています。

【目次】

1 カードの特徴

10年以上も利用しています。

入会案内書をもとに、このカードの特徴を列挙してみました。

●4つのカードが1つになったカード

ビックポイントカード+JREポイントカード+電子マネーSuica)+クレジットカード(viewカード

ビックカメラ・コジマ・ソフマップで現金払いと同等になります。

クレジットカードビックポイントがたまる(一般カードは8%、本カードでは10%)。

●通常のクレジットカード使用ではビックポイント0.5%+JREポイント0.5=1%

ビックカメラ・コジマ・ソフマップSuica払いは10%のビックポイントと利用金額に応じたJREポイント

●ポイント交換、SuicaとビックポイントとJREポイント

●改札機でのオートチャージ

●年会費初年度無料&2年目以降はクレジット利用により無料

2 気に入っていること

⑴ 高級ウイスキーの抽選販売会へのエントリー

ビックカメラの店舗で”山崎”や”響”などサントリーの高級酒の抽選販売会へエントリーする際、クレジットカードであることが必要となる場合があります。

我が家の場合、ビックカメラSuicaカードがあったおかげで、下記の高級ウイスキーを買うことができました!

ちなみに、この”響 ブロッサム・ハーモニー”は、定価は約1万円ですが、買取値はその2〜3倍売値はその5〜6倍と非常に人気の商品。

運良く入手できて満足です!

⑵ 各種キャンペーンへの参加

2022年6月にJREポイントを利用して新幹線代金が半額になるという”新幹線イヤー2022”というキャンペーンを利用しました。

普段、貯まったJREポイントをどうするかなど考えてませんでした。

ポイントを利用して得たいと思うものがなかったからです。

けれども、旅行好きな自分にとっては新幹線が半額で旅行に行けるキャンペーンはとても魅力的でした。

北陸新幹線を利用して、上越妙高へ旅行に行き良き思い出を作ることができました。

⑶ 親切なカード交換

利用して数年経過してところカードの磁気が弱ってきてしまいました。

ビューカードに連絡したところ、直ちに無料で交換していただけるとのことでした。

しかも、Suicaのチャージはそのまま新しいカードに反映されるとのこと!

パスモ付クレジットカードでは自分でやらなければならなかったICカードの移行をカード会社が行ってくれるのは良きサービスと感謝しています。

3 気になっていること

個人的には概ね満足しています。

ただし、丸井のエポスカードと比較すると、ゴールドカードやキャラクターカードなどより顧客満足の高いサービスが存在しているのも事実。

この点、ビックカメラ改善の余地があるように感じています(株主としても気になる点です)。

また、振り返ってみると今まではクレジット払いオンリーだったような気がします。

でも、ビックカメラ店舗での高額でない支払いならSuicaで支払えば、利用額に応じたJREポイントが貯まっていたことに気づきました。

やはり先入観を持たずに定期的にサービスを確認すべきですね。

4 まとめ

ビックカメラSuicaカードについて述べてきました。

クレジットカードを長く使っていると、それなりのサービスで満足しがちです。

ただし、いろいろと調べてみると魅力的なキャンペーンやサービスがあることに気付かされます。

馴染みのクレカも見落としていたサービスがないか?ちょっとチェックしてみてることをオススメします。

お読みいただき、ありがとうございました。