こげぱんの資産運用

ピンチはチャンスなりをモットーに株式投資を中心とした資産運用についてつづります

JAL(9201)からの株主優待

こんにちは!

 

半月ほど前、JAL(9201)から株主優待を頂きました。

JALについて思うところを簡単に述べます。

 

f:id:cogepan20:20210524193300j:plain

 

 

 

  

株主となったきっかけ

旅行好きなので、JALには以前から注目していました。

2020年11月9日に増資を発表し株価は急落。

そのタイミングで100株購入しました。

それ以降、株価は反発しており含み益を維持しています。

 

 

株主割引券の価格の変遷

10年、20年まえのJALの株主割引券と言えば、新橋のチケットショップで約5,000~7,000円で売買されていたように記憶しています。

先日、確認したら、

何と!約1,500円

コロナ禍で価格低迷はやむを得ない思いますが、予想外に低かった。

けれども、有効期限が2022年の11月30日までなのでそのころにはワクチン接種にめどが立ち旅行需要も復活しているかもしれません。

引き続き、モニターしていきます。

 

f:id:cogepan20:20210524193359j:plain


 

そもそも株主優待の意味とは?

 旅行好きなはずなのに、株主優待を換金することしか見ていませんでした。

けれども、そもそも論を考えると、旅行に結びつける視点が欠けているのかもしれません。

将来、世界一周旅行を考えていますが、そのためには、世界の航空アライアンスについてよく理解する必要があります。

ANAであればスターアライアンス

JALであればワンワールド

行きたい国によってどちらの航空アライアンスを使うかが決まってきます。

その意味で、JALについてもっとよく理解する必要があるのではないかと思ってしまいました。

もっと言えば、

・優待を実際に使ってチケットを購入したことがない

JALマイレージ口座も持っていない

という、あまり良い株主とは言えないのが現状。

この優待を頂いたことをきっかけとして、JALひいては海外渡航について調べて、考えて、行動するように結び付けていきたいと思います。 

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

 

※この記事を読まれて、良かったと思われる方は★を押していただくと励みになります。

 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #日本航空 #JAL