こげぱんの資産運用

ピンチはチャンスなりをモットーに株式投資を中心とした資産運用についてつづります

いちご(2337)について

こんにちは!

 

この記事は、いちご(2337)に関心のある方に向けた株主としてのコメントを記したものです。

 

・経営者と株主との懇談会

・不動産の可能性を学ぶ

 

【目次】

 

 

 

【毎年株主総化が実施される第一ホテル】

f:id:cogepan20:20210609215202j:plain 

                  

1 いちごについて

⑴ 会社概要

スコット・キャロン会長率いる不動産会社

■経営理念

 日本を世界一豊かに。

 その未来へ心を尽くす一期一会の「いちご」

■行動指針

・プロフェッショナル

ベンチャー・スピリット&ダイバーシティ

・チームワーク

■事業

・心築(しんちく)事業(不動産再生事業)

 AIレベニューマネジメント(売上管理)システム「PROPERA」の導入で、稼働率回復。

・アセットマネジメント事業

 いちごオフィス投資法人(8975)

 いちごホテルリート投資法人(3463)

 いちごグリーンインフラ投資法人(9282)

・クリーンエネルギー事業

 太陽光発電

 風力発電

 バイオマス発電

■長期ヴィジョン

「いちご2030」

2020年2月期~2030年2月期(11年間)

ROE自己資本利益率)期間平均15%以上

・「JPX日経インデックス400」11年間継続の組み入れ

・エコノミック営業キャッシュフロー 11年間継続の当期純利益超過

・ストック収益比率 60%以上

・「安心安定配当」の累進的配当政策減配しない

・DOE(株主資本配当率) 3%以上

・機動的な自社株買い

 

⑵ 株主になったきっかけ

新興不動産企業全盛の時代、いちごが、アセットマネージャーズという会社の時代からの古い付き合いです。

かつては値嵩株であり、それなりに利益を確保させていただきました。

また、毎年の年賀状も楽しみでした。

スコットさんに率いられて、いちごとして再生してからは比較的穏やかな株価。

ある意味、腐れ縁のようなものを感じています。

 

⑶ 経営分析

2021年2月期は減収減益です。

コロナ禍で赤字にならなかっただけでも立派だと思います。

 

■収益性

・売上高総利益率:25%

売上高営業利益率:16%

なかなか良いと思います。

■安全性

流動比率:540%

当座比率:233%

・負債比率:215%

自己資本比率:32%

流動比率当座比率については問題ありません。

それに比べると、負債比率と自己資本比率が比較的安全性が低いと考えられます。

負債が多いが長期で借りているということの強みでしょうか。

 ■効率性

棚卸資産回転率:0.96

・有形固定資産回転率:0.29

物件の売却が進んでいない(止めている)ためなのか、効率性はコロナ禍の影響を受けているように考えられます。

不動産がいつごろから売れるようなるか要注目です。

 

2 株主還元

⑴ 配当

  2021年2月期:7円

  減配しないという方針は立派です。

⑵ 株主優待

  Jリーグ鑑賞券

  コロナ禍等の理由により使用できず。

  

 

f:id:cogepan20:20210609215144j:plain


 

3 株主総会

第21期定時株主総会 2021年5月23日(日)第一ホテル

毎年、5月下旬の日曜日に第一ホテルにて開催。

今年はトレイルランニングと競合したため不参加。

後日、ビデオで総会の様子を確認。

 

質疑応答

Q.ホテル事業とクリーンエネルギーへの投資拡大をどう考えるか?

A.いちごのストックの1/4はホテル。将来観光ブームが来た時の準備を着実に進めている。クリーンエネルギーについても同様に投資を継続する。

Q.YouTubeの活用は?

A.やりましょう!

Q.財務体質は?

A.キャッシュ利益を重視している。

Q.「PROPERA」とは?

A.AIを活用した客単価を上げていく仕組み。ノンアセットでの収益拡大を図るチャンスととらえている。

Q.いちごとリートの間で利益相反は無いか?

A.独立性を重視しており、そのようなことはない。

Q.不動産売却判断の分岐点は?

A.20~30%

                         

4 株主としてのコメント

⑴ 不動産の可能性を学ぶ 

 今回の「PROPERA」という、AIを駆使したホテルの客単価を上げるための仕組みのように、これまでいろいろな不動産にかかる事業についていちごを通じて学んできました。

これからバイオマス発電にも注力するようです。

不動産の可能性をいちごの事業展開を通じて学び続けたいと思います。

⑵ 経営陣との対話を楽しみに

以前は、家族全員で懇親会に参加したことも有ります。

いろいろな話をしたり聴いたりすることが楽しみでもあります。

スコット会長も同じお気持ちのご様子。

いちごとは、今までも、そして、これからも長い付き合いになりそうです。

 

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

 

※この記事を読まれて、良かったと思われる方は★を押していただくと励みになります。

 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #いちご

  

ビザスク(4490)について~株主総会で感じた2つのリスク

こんにちは!

 

この記事は、ビザスク(4490)に関心のある方に向けた株主としてのコメントを記したものです。

 

SNSでの評価は極めて高いがそのリスクは・・・

・ファンになりたいのか?株主でありたいのか?

 

【目次】 

 

 

 

 【株主総会会場 住友不動産青葉台ヒルズ】

f:id:cogepan20:20210605143958j:plain

                      

 

1 ビザスクについて

⑴ 会社概要

スポットコンサル(ビジネス知見を持つアドバイザーと顧客をマッチングし、インタビューを設営するサービス)が主力と報じられています。

・セグメント

 知見プラットフォーム事業(単一セグメント)

 

⑵ 株主になったきっかけ

成長株を探していたところでその要件と考えた

 

・売上高成長率20%以上

売上高営業利益率10%以上

・創業者が筆頭株主

・上場後5年以内

時価総額が300億円以下

 

を満たしていたことから2020年10月に特定口座で購入。

 情報・サービス業界、米国で先行するビジネスを日本に導入、女性創業者の社長、会社が所在するビルでの株主総会という点で、自分の中ではAIクロス(4476)とビザスクには共通点が多々あります。

 

AIクロスに関する過去の記事は下記リンクからご覧下さい。

ログイン - はてな

 

 

⑶ 経営分析

■収益性

 売上高営業利益率:13%

 成長企業らしい収益性を確保しています。

 

■安全性

 流動比率:232%

 当座比率:228%

 負債比率:94%

 自己資本比率:51%

 財務についても問題は見当たりません。

 

■効率性

 売上債権回転率3.89

 サービス業の平均約30を大きく下回ります。

 有形固定資産回転率:69.75

 サービス業の平均約2.0を大きく上回ります。

 債権の回収に時間を要している一方で、有形固定資産のコストは抑えられているようです。

 

経営に関しては、他の成長企業同様に順調になされていると分析します。
 

  

f:id:cogepan20:20210605145539j:plain

 

2 スポットコンサルタントについて  

生産調達関連の分野でビザスクに登録して半年以上たちますが、自分のスキルを活かせそうな案件に出会ったことはありません。

当然のことですが、マッチングは万能ではなく、誰でも簡単に自分の知見を活かせるというレベルではなさそうです。

 

3 株主総会

第9期定時株主総会 2021年5月28日(金) 住友不動産青葉台ヒル

 

受付終了後に、ミネラルウオーターを頂きました。

クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)に続き、お水を頂くのは2社目です。

 

 【会場でいただいたミネラルウオーター】

f:id:cogepan20:20210605163929j:plain

 

事業概要の説明に続いて質疑応答がなされました。

 

質疑応答

Q.来春に目指す市場は?

A.まずは、グロース。ゆくゆくはプライム

Q.他社との差別化策は?

A.膨大なアドバイザーのデータベースを有しており容易には追いつけない。

Q.海外展開の方向性は?

A.まずは、日本企業の海外調査に係るニーズに応えることを優先させる。

Q.伸びている会社の監査のポイントは?

A.(社外監査役の方が答えるが)下を向いて現行棒読みなので良く分からず。

Q.ビザスクライトが使いにくい。

A.貴重なご意見ありがとうございます。検討します。

Q.ビザスクが属している業界とその中での位置づけは?

A.インタビュー市場(世界で1500億円、そのうち米国が800億円)において当社が日本のマーケットを開拓していく。

併せて、ナレッジソリューションとしての可能性を追求していく。

Q.社長が株式の過半数を握っているがゴーイング・コンサーンとして株式を取引先企業等に持ってもらい予定はないのか?

A.後継者のことは考えず、現状で頑張りたい。

Q.招集通知の総会会場の案内図が分かりずらく、かつ、会場前に案内人ひとりたてていないのはいかがなものか?

A.陳謝

Q.取締役会の雰囲気は?

A.明るくオープンで活発な意見が交わされる。社長はアイデア豊富でチャーミング。社長のアイデアを発散させそれを収斂させるための取締役会。

 

議案の

・取締役選任の件

・取締役及び監査役の報酬額改定の件

について可決。

 

約1時間ほどで終了。

 

余談ですが、AIクロスは総会終了後、社長と役員の方がエレベーターまで株主全員を見送りましたが、ビザスクの場合、それはありませんでした。

共通することが多いビザスクとAIクロスですが、株主総会において、最初と最後有形と無形という点で対照的でした。

 

 

【ビル1階の総会案内板】   

f:id:cogepan20:20210605143943j:plain


 

4 株主として感じた2つのリスク

数年でテンバーガーになる会社について冒頭での要件とは別に、

 

・伸びる領域で

・優秀な経営陣が

・真面目にやっていること。

 

というものがあります。

これをビザスクに当てはめてみます。 

 

⑴ 伸びる領域か?

良く分からないというのが正直な感想です。

というのも事業領域について

招集通知では、

・「情報・サービス系の産業」

・「B to B情報プラットフォーム事業」

セグメントでは

・「知見プラットフォーム事業」

ネット広告では

・「スポットコンサル」

社長の口からは

・「インタビュー市場」

と、いろいろなキーワードが飛び交っていますが、結局何をやっている会社なのか良く分かりません。

インタビュー市場という世界で1500憶円という規模もそれほど大きなものとは思えませんでした。

さらに、「インタビュー市場」という単語をグーグルで調べましたが何も出てこないことが不安を募らせます。

参入障壁を気にする前に、その「インタビュー市場」が今後日本で成立するのかを見極めることが死活的に重要です。

どんなにビザスクが頑張っても、他社が参入してこないことには市場は成立しません。

もちろん自分の勉強不足はありますが、調べれば調べるほど、伸びる領域という確信を持ちえないというところが、総会で感じた一つ目のリスクです。

 

⑵ 優秀な経営陣か?

社長の経歴だけ見れば優秀と思いがちです。

では、優秀の定義は?

経営には攻め守りの2つの面があり、どちらも欠くことは出来ません。

コロナ禍を背景に、情報・サービス系の産業は追い風が吹いていますが、やがて厳しい経営環境に立たされる状況も必ず訪れます。

その際には、多面的に考えつつ守りを徹底することが必要になります。

そのことは、一人の経営者の判断に依存し過ぎないことを意味します。

そのようなことを踏まえつつ、”経営陣”という組織としてビザスクを見つめると一抹の不安を感じます。

ポイントを列挙すると

社長が株式の過半数を握っており、かつ、その状態を変える気はないので株主からの”歯止め”が効かない

取締役も社長をチャーミングと評価しており、社長の誤った判断を止められるか疑問(ソフトバンクの取締役だった柳井さんは孫さんを止めるのが自分の仕事と明言)。

若い女性の監査役の方の株主からの質問に下を向いて原稿を棒読みしながら対応する姿をみて、”難しい事案”を適切に監査する意志も能力もないと確信

株主からの質問も、社長に対する憧憬のようなものが目立ち、ファン化していた(道に迷って遅れてきたおじいさんを除く)。

社長、取締役、監査人、株主の側から見てきましたが、調子のよい時はそれなりに順調にいくでしょうが、社長の判断が危うい時や守りに立たされた際に今の経営陣等で果たして切り抜けられるのか疑問を感じました。

 

 5 今後の予定

 成長企業ということで5年以上というスパンで株価の著しい上昇を見込んでホールドしていく予定でした。

成長企業なので株価は乱高下するのは当たり前。

下がったところでは買い増しも悪くないと以前は考えていました。

けれども、総会で感じた2つのリスクを考えると、少なくとも買い増しという選択肢は1ミリもありません。

当面はホールドしていきますが、会社の状況を注視しつつ、見込み違いと思った時には損切りすることも考えなければならないと考えています。

 

厳しいことにも触れましたが、何といっても売上高16億円という若くて小さな会社。

今後の成長を暖かく見守っていければ・・・と考えています。

 

 

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

 

※この記事を読まれて、良かったと思われる方は★を押していただくと励みになります。

 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #ビザスク

  

大塚家具の株主優待で家具を買いました

こんにちは!

 

大塚家具の株主優待を使って家具を買いました。

本社ショールームで選ぶのに長い時間がかかりましたが、気に入ったものが安く手に入り喜んでいます

 

ところで、大塚家具と言えば、父と娘の争いが「親子喧嘩」と報じられてきました。

公認会計士の前川修密氏の著書『会計士は見た!』

という本によれば、経営の合理化に対する姿勢の違いがその争いの本質があったと分析されています。

在庫数・平均年間給与・従業員数の推移などの財務諸表から、創業者の大塚勝久氏が家具と従業員を大切にする経営を貫いたことが業績低迷につながったと説明されています。

在庫一掃バーゲンセール、リストラやアルバイトに安易に手を染めなかったことが、かえって経営的には厳しい状況を招いたとの仮説は説得力があります。

 

その一方で、

久美子氏も本書で説明されたほど合理化を徹底していなかったのではないか?

というのが、自分の感想です。

むしろ、どちらかと言えば父と同じように家具や従業員を大切にしていたとさえ思っています。

 

その根拠は?

大塚家具で家具を買った後に手書きのお礼状を頂いたからです。

 

【大塚家具から届いた手書きのお礼状と株主優待

f:id:cogepan20:20210608205818j:plain

 

やはり、父から娘に経営が移っても家具や社員を大切にする経営はずっと続いていたのだと思います。

 

そして、株主優待も50期の記念ということで15%も割り引いてくれる優待を使わせていただきました。

久美子氏が経営している間、大塚家具の株価は低迷し続けていましたが、この優待を見る限り、株主を大切にする気持ちも持ち合わせていたと思います。

 

家具と従業員を愛し、株主に報いようとした久美子氏が大塚家具の経営から離れてしまったのは寂しく思います。

けれども、まだまだお若いので、まずはゆっく休んで人生を謳歌してください。

その後のさらなるご活躍を楽しみにしています。

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。

 

 

#大塚家具 #株式 #株主優待 #株主総会 #大塚久美子 #会計士は見た

クリエイト・レストランツ・ホールディングス【3387】について~半年ごとに株主優待券を頂ける会社

投稿日:2021.6.5、更新日:2021.11.16

こんにちは!

この記事は、東証1部銘柄のクリエイト・レストランツ・ホールディングス【3387に関心のある方に向けた、株主としてのコメントを記したものです。

・数多くのレストランで使える株主優待

・同じくM&Aで成長したコロワイドと比較すると・・・

なお、更新日に頂いた株主優待について追記しています。

 【目次】

 

 【株主総会の会場となったTOC五反田】

f:id:cogepan20:20210602130257j:plain

                      

1 クリエイト・レストランツ・ホールディングスについて

⑴ 会社概要

 ショッピングセンター内にレストランやカフェを展開している会社です。

日本全国に249ブランド、899店舗あるとのこと。

 ■主要カテゴリー

・CRカテゴリー

 フードコート・フードホールへの出店

・SFPカテゴリー

 磯丸水産等有するSFPホールディングス

・専門ブランドカテゴリー

 「あずさ珈琲」を展開するKRホールディングス等

・海外カテゴリー

 シンガポールの「しゃぶ菜」、香港の「つけめんTETSU」等

⑵ 株主になったきっかけ

ポストコロナにおいて外食産業の復活を見込んで2021年2月に購入。

現在の株価は横ばい。

株主優待を使いつつ数多くのレストランを楽しみながら長いこと株主でありたいと考えています。

⑶ 経営分析

赤字です。

招集通知に記載の連結計算書類をもとに簡単な分析をしてみます。

■収益性

売上高総利益率は71%

飲食店は一般に原価3割が基本とのことなので、妥当な粗利率と考えます。

ちなみに

これは同業他社であるコロワイドの場合、

・売上高総利益率は57%

東京都を訴えたグローバルダイニングの場合、

・売上高総利益率は10%

おなじ飲食業でも大きく粗利率は異なります。

このように比較するとクリエイト・レストランツ・ホールディングスは適正な経営がなされていると考えられます。

けれども、ここから販管費を差し引くと赤字となります。

会社も、コスト削減に努めたのだと思います。

招集通知の従業員の状況(2021.2.28現在)

グループ従業員数 4,144名 331名減

当社従業員数 93名 40名減

販管費の中の人件費を削減するために大規模なリストラを断行したと考えられます。

そしてそのリストラも社長の交代に関係しているのかもしれません。

■安全性

流動比率(200%以上が好ましい):71%

当座比率:66%

負債比率(100%以下が好ましい):596%

自己資本比率:14%

財務基盤は厳しいものがあります。

GC注記がついたワイズテーブルとあまり変わらない財務状況です。

「劣後ローン」によって債務超過を免れ継続企業の前提に関する不確実性を回避したと考えます。

■効率性

まちまちです。

棚卸資産回転率が113回転:小売業平均を上回る

有形固定資産回転率が1回:小売業平均を下回る

棚卸資産回転率の高さから商品やサービスが売れていることが伺える一方で有形固定資産回転率が低いことから、店舗等に高いお金が投じられていると推測されます。

社長が直近でM&Aに力を注いだという発言も関連するかもしれません。

 

f:id:cogepan20:20210602130239j:plain

 

2 株主総会

第24期定時株主総会 2021年5月27日(木) TOC五反

「おはようございます。」

という社長のあいさつで始まりました。

続いて、大きな赤字となったことと、無配にする旨についてのお詫びがありました。

■主な質疑応答

Q.来場した株主に対する配慮が足りない(質問限定など)。アンケートによる顧客の意向調査も不足。

A.真摯に受け止め対応していく。

Q.減資の理由は?

A.減資により中小企業となることで法人税対策等有利になるため。法人税は2億円。

Q.社長退任の理由は?

A.創業から二十数年間ずっと社長をやってきた。当初は三菱商事の後ろ盾があったが、その後完全独立しM&Aで多きなった。さらなる発展のために、次世代のリーダーシップを考えバトンタッチした。老害を回避し、安定した経営が継承されることが大切。上場企業として社長交代はもっと早く行っておくべきであった。

Q.役員に女性がいないのはいかがなものか?

A.新入社員の6~7割は女性であり、役員候補者もいる。

Q.優待ありがとう!M&Aはこれからも続けるのか?

A.ご縁がありともに成長できる会社がある限り継続する。

Q.同業他社(コロワイド)との違いは?

A.”グループ連邦経営”ということで各会社を尊重していることが最大の違い。敵対的買収は当社では考えられない。

Q.食材の供給について共通化は?

A.独立性の強いSFPホールディングスなどを除き、共通できる会社は共通化している。

Q.劣後ローン150億円の使い道は?

A.買収資金、短期ローン返済、DX関連

Q.横浜シャルの照明が暗い

A.適時改善していく。

Q.赤字に対する役員の責任の取り方?

A.一律報酬カット。また、従業員の賞与も削減。

Q.一株当たりの利益がここ数年落ちており、会社の稼ぐ力が落ちている原因は?

A.M&Aのコストによる。PMI(Post Merger Integration)の影響。

Q.退任する岡本社長から一言頂きたい。

A.運に恵まれた幸せな二十数年間、社長として勤務でき感謝の気持ちでいっぱい。

今までできなかったことにもビジネス以外のことにも挑戦し、人生のバランスを取り戻したい。

Q.川井新社長から一言お願いします。

A.地元に密着した互恵の関係を大切にしていきたい。

 

株主総会でいただいたミネラルウオーター】

f:id:cogepan20:20210605164209j:plain

3 株主還元

 ⑴ 配当

今期は無配

⑵ 株主優待

2月末日・8月末日

100株以上 2000円分のお食事券

上記に加え

1年以上継続保有

400株以上:2000円分のお食事券

今回、来年5月期限の優待券を頂きました。

それがきっかけで今年11月期限の優待が未使用だったことに気づきました。

危ないところでした。

優待を使えるお店はたくさんあるのですが、249ブランドもある使えるお店の一覧表がないとついつい先送りしがちです。

以前は磯丸水産が気に入っていましたが、コロナ禍で最寄り店が撤退。

これからは、家に近いお店から順番に使っていこうと思います。

【2021年11月までと2022年5月までの株主優待券】

f:id:cogepan20:20211116210334j:plain

【残念ながら撤退してしまった日比谷の磯丸水産

f:id:cogepan20:20210602135503j:plain

                       

4 株主としてのコメント

まだ、株主になって日が浅いのですが、子会社のSFPホールディングスの株主でもあったことから親しみを感じます。

SFPホールディングスについてはNISA口座で購入していたため利益を確定しました。

ただ、使えるお店が限られていることも有り、株主優待が使いづらい点が気になっていましたが、親会社の当社はその点、いろいろなレストランを楽しめそうです

また、コロワイドとの比較も興味深いです。

同じM&Aで成長した外食産業の大企業ですが、組織文化は正反対

コロワイドは優勝劣敗のもと、強力なリーダーシップの集団

クリエイトはグループ連邦のもと、緩やかな絆の集団

アフターコロナの時代、今後の両社の展開が楽しみです。

最後に、退任した岡本社長

お疲れさまでした。

株主からの最後の質問が手厳しかったので、心ある株主から岡本社長への退任のあいさつで総会を締めくくろとする配慮がありました。

株主からも社員からも信頼されていたのだと思います。

質疑応答においてもそのお人柄の良さが伺えました。

57歳

人生まだまだこれからです。

今後のさらなるご活躍を祈念致します。

 

お読みいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #クリエイト・レストランツ・ホールディングス #SFPホールディングス

  

2021年5月の投資のふりかえり

こんにちは!

 

5月の相場は4月に引き続き厳しかったです。

 

・5月の株式投資の含み損は約100万円(本年の含み損は約68万円)

・5月の株式の確定した損失はマイナス約21万円(本年の利益は約61万円)

 

・日銀がETFを購入しなかった。

・米国のCPIが予想以上に上昇したことによる市場の混乱

 

という市場環境が背景にあると思います。

それでも、一番の原因は、

まだまだ自分の投資の力が未熟

ということに尽きると思います。

投資についてのスキルアップのための具体的な行動に結びつけるために5月の投資を振り返ってみたいと思います。

 

なお、エビデンスとしてスクリーンショットを掲載していますが、参考程度にしていてください。

ご存じの通り、スクリーンショットはアプリを使えば容易に改ざんできますから、スクリーンショットで儲けたという話が”真実”であると単純に信じない方が”無難”かと思います。

 

 

 

 

 

【5月に登った奥多摩方面の山より】  

f:id:cogepan20:20210602142033j:plain



  

1 株式の売買 

⑴ 売却

・明星電気(NISA口座):200株

・明南M&A(特定口座):200株

・デンカ(NISA口座):100株

 

⑵ 購入

・サムティ(特定口座、11月決算):100株

・オーケストラホールディングス(NISA口座、12月決算):100株

・ヨシムラフードサービス(特定口座、2月決算):100株

・CRE(NISA口座、7月決算):100株

イオンディライト(NISA口座、2月決算):100株

・DTS(NISA口座、3月決算):100株

  

【マネーフォワードからの抜粋】

f:id:cogepan20:20210603102911j:plain

 


 株式については、大きく落ち込んだ後に上昇している様子が分かります。

これは、

・急落した市場がその後回復した

・急落時に株式を買い増しした

ためです。

 

反省点としては

・損切が遅れた(明南M&A)

・買う銘柄は決まっていたが買う価格を考えていなかったので買うタイミングが遅れた

が挙げられます。

 

投資は

価値に対して価格が安ければ「買い」、反対に高ければ「売り」

が基本。

そのことを認識しつつ価値のある銘柄を安く手に入れることに努めたいと思います。

 

 

2 配当

・イオン 1,800円(100株)

ビックカメラ 1,000円(200株)

・いちご 3,500円(500株)

ドトール 1,200円(100株)

乃村工藝社 2,500円(100株)

 

  合計 10,000円

 

2月決算期の銘柄と8月決算期の銘柄の(中間)配当です。 

 

3 株主優待

5月に届いた主な株主優待は次の通りです。

 

JAL:株主割引券

・ワイズテーブル:食事券、会員権

・クリエイトレストランツホールディングス:食事券

・ラックランド:グルメギフト

ビックカメラ:商品券等

 

4 株主総会

5月に参加した株主総会は以下の通りです。

 

ドトール(記事アップ済み)

・イオン(記事アップ済み)

クリエイト・レストランツ・ホールディングス

・ビザスク

 

招集通知は8社から頂いていましたが、競合していたため4社しか参加できませんでした。 

総会に参加した企業を中心に、持株会社の記事を引き続きアップする予定です。

 

5 投資信託等(iDeCoを除く)

 長期・積立・分散投資を実施しているのは次の8社です。

積立投資を始めた年月も表示しています。

 

・ウエルスナビ :15万円/月(月5回) 

 2019年10月~:20カ月

セゾン投信:20万円/月(毎月4日、8日)

 2020年2月?~:16カ月

SBI証券で投資信託『ひふみプラス』:2万円/週(毎週金曜日)

 2020年6月~:12カ月

さわかみファンド:1万円/月(毎月1日) 

 2020年8月~:10カ月

コモンズ投信:4万円/月(毎月1日) 

 2020年9月~:9カ月

マネックス証券eMAXIS Sim米国株式(S&P500):10万円/月(毎月1日)

  2020年9月~:9ヵ月

楽天証券でiFreeNEXT NASDAQ100インデックス:2万円/月

 2020年12月~:6カ月

コインチェックビットコイン積立:1万円/月 (毎月1日)

 2020年12月~:6カ月

 

現在の積立投資は毎月約63万円です(先月までは、セゾンポケットで購入していた投信を加えていましたがマネフォに反映されないので外しています)。

  

【マネーフォワードから抜粋】

f:id:cogepan20:20210603104530j:plain

投資信託の金額が直近下落しています。

これは、

マネックス ファンド・オブ・ファンズ シリーズⅠ ーMonexーHFR プライベートエクイティファンドヘッジファンド・インベストメンツ 2006/2007」

という名前の投資信託が償還されたためです。

 

そもそも、約15年前にこの投資信託に50万円ほど投資したのが約15年ほど前。

このブログの見える化によって、利回りが10%にしかなっていない資金効率の悪さが明らかになって約半年前に解約手続きをしたことが実現したもの。

自分は解約手続きをしたのですが、投資信託そのものが償還となったということは自分が一番最後まで残っていたということ・・・?

他の投資家さんを見習って、

・良い金融商品を選ぶ、

・その商品が良いことを確認し続ける

に努めたいと思います。
 

 

6 貸株金利 

SBI証券にて貸株をしています。

 

 4月の金利受取額 5,401円

 

ちなみに、高金利銘柄の4月から5月への推移は

 

・サンアスタリスクは8.5%→10.25%

ペッパーフードサービスは8.0%→7%

 

となっています。

それにしてもサンアスタリスク金利の高さは凄いですね!

また、ペッパーフードサービスは、最近は株価も堅調で高い金利を払ってまで空売りする美味しさが薄れたと考える人が増えたのかもしれません。

 

 

7 気づき

 4月の投資についての”気づき”は次の3点です。

 

⑴ 投資の王道~長期・分散・積立投資

 

金融庁等が推奨する長期・分散・積立投資が急落に平均購買単価を下げる威力が発揮されることが改めて確認できました。

金融資本を大切にしながら、投資の王道を継続していきます。

 

⑵ 損切の遅れ

明南M&A40万円近くの損切でした。

チャートは明らかに下落トレンド。

業績も計画未達。

M&A業界だから儲かっているに違いない」

という思い込みがこの事態を招きました。

 きちんと決算資料を読み込んで会社を理解しないと手痛い目に合うことを思い知らされました。

 

 

⑶ グロース株からバリュー株へ

 

昨年はIPOも含め、DX関連のグロース株を中心にPFを組んできました。

ところが、マザーズ指数は昨年10月をピークに半年以上、20%以上の下落が続いています。

一般に、”調整”には日柄調整価格調整があり、日柄では約半年、価格では2割が基本と言われています。

それを超えると調整ではなくトレンド転換になるそうです。

マザーズ指数が調整終了なのか下落トレンド入りなのかは残念ながら自分には良く分かりません。

けれども、グロース株からバリュー株へのお金の流れは肌で感じています。

トヨタも株価10,000円が見えてきたと報じれれています。

グロース株について注視しつつ、日本を代表するようなバリュー株(大型株)への投資も継続したいと思います。

 

 

最後に

6月になりました。

月が代わったのでツキが変わることを信じて、メリハリの利いた投資を心掛けたいと思います。 

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。

 

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。

 

#資産形成 #資産運用 #投資 #株式 #株主総会 #配当 #株主優待 #投資信託 #ロボアドバイザー #マネックス

  

イオン(8267)について

こんにちは!

 

この記事は、イオン(8267)に関心のある方に向けた株主としてのコメントを記したものです。

 

・総合スーパーという印象が強いけれど・・・

チャイナリスクと「大黒柱に車をつけよ」

 

 

 

f:id:cogepan20:20210602092412j:plain



                       

 

1 イオンについて

⑴ 会社概要

皆さんよくご存じの総合スーパーで有名なイオンです。

小売業に区分されますが、M&Aで成長し金融や不動産など業種が多岐にわたります。

 

⑵ 株主になったきっかけ

イオンで買い物をすることが多かったことから株主優待を目当てに10年以上前に100株購入しました。

 

⑶ 経営分析

招集通知の連結計算書類をもとに簡単な経営分析をしてみます。

イオンは小売業でありつつも、イオン銀行を抱えていることから銀行業としての特性もあり、そのことが分析する点でのポイントとなります。

流動資産の中で、「現金及び預金」(約1.2兆円)より、「受取手形及び売掛金」(約1.6兆円)の科目が大きいことは意外でした。

というのも、小売業であれば、現金多めが”ふつう”と予想していたからです。

おそらくイオンカードによる売上債権が多いからだと思います。

 

それ以上に、流動資産で興味を引いたのは、一番金額の大きな科目が「銀行業における貸出金」(約2.3兆円)です。

 

棚卸資産については、約0.54兆円と在庫が巨額であることは小売業でとしての特色が表れています。

 

・収益性

小売業の売上総利益率は30~25%と言われていますが、イオンの場合27%であることから標準的と言えます。

特筆すべきは、FC加盟店からのロイヤルティ(加盟料)収入やイオン銀行からの収益が併せて1.1兆円あるということです。

直営店からの売上総利益が約2兆円強であることを考えても、本業以外で稼ぐ力の大きさが伺えます。

また、

売上高営業利益率:2021年2月期:7%

         2020年2月期:10%

収益性が落ちています。

 

 

・安全性

安全性については、流動比率200%以上、当座比率100%以上という安全性についての基準値を割っています。

特に、自己資本比率については17%であり財務基盤は良いとは言えません

ネット証券でイオンのファンダメンタルズの分析を見ても安全性は極めて低いスコア

けれども、流動負債における金額の一番大きな項目が「銀行業における預金」で3.7兆円、流動資産の「現金及び預金」も1.2兆円であることからイオン銀行の利用者からの大量の現金を保有していることが大きな特徴と言えます。

 

 

・効率性について

売上債権回転率の小売業の平均が12回に比べるとイオンの4.7回は見劣りがします。

棚卸期間回転率は小売業平均とほぼ同じ14.0回。

有形固定資産回転率も業界平均の5.7回に対してイオンは半分以下の2.5回。

効率的な経営に関してはイオンは業界平均達していないと言えそうです。

                       

 

f:id:cogepan20:20210602092359p:plain

 

2 株主総会

⑴ 2021年5月26日(水) オンライン株主総会

・赤字決算について陳謝

・事業報告のビデオ

・吉田社長からの5つの経営方針説明

・議案の説明。とりわけ買収防衛策については3年ごと見直しをしており、TOBが実施された際に、株主に正しい判断をしていただくために必要な時間と情報を確保することが趣旨。

などが実施されたのち質疑応答に移りました。

 

質疑応答

Q.店舗の込み具合が分かるようにしてほしい。

A.アプリ等実施済み。

Q.イオンラウンジの再会は?

A.コロナ禍終息後に実施予定。

Q.クーポンやアプリが多すぎる。

A.おっしゃる通り。真摯に受け止め改善を継続する。

Q.女性役員が少ない。

A.管理職の27%が女性である。ダイバーシティ経営を心掛ける。

Q.おなかに手をのせて挨拶をするのはおかしいのではないか?

A.承知した。一部、そのような挨拶のマニュアルが残っているので改善を進める。

Q.ジェノサイド関連でウイグル商品を扱うユニクロが米国から輸入差し止め処分となったが、イオンは大丈夫か?

A.(顔を引きつらせながら)そのような商品はない。また、オーストラリアの研究所が公表したジェノサイドに関わる企業の中にはイオンは入っていない。

Q.イオンにおける証券部門の立ち上げは?

A.イオンフィナンシャルの中で検討中。

 

⑵ 2020年5月22日(金) オンライン株主総会

初めてオンライン株主総会に参加しました。

オンライン総会と言っても、ZOOMを使った双方向というのではなく、YouTubeで総会の様子をみるという方式です。

株主からの事前の質問の大多数を占めたのが、マスク不足に関すもので、これに対しては、強靭なサプライチェーンを再構築されるとのこと。

 

気になった株主との質疑応答は次の通り。

Q.ウソをつく中国で展開するイオンが没収されるリスクについてどう考えるか?

A.武漢の例を挙げて、社員が頑張っている。米国リスクもある(米国からは撤退)。

  覚悟をもって対応していく(最も歯切れの悪い回答)。

Q.国産ブランドに力を入れることはしないのか?

A.個々の商品ごとに対応する。

Q.イオンラウンジの再会はいつか?

A.ウイズコロナを見据えて、新しい形でオープンさせる。

 

3 株主還元

⑴ 配当

2020年2月期:中間18円、期末18円の36円2円増配)。

2021年2月期:36円

連結配当性向30%が目標です。

 

⑵ 株主優待

株主優待カード(イオンオーナーズカード)にとる保有株に応じた返金率でのキャッシュバック

100株以上:3%

500株以上:4%

1000株以上:5%

3000株以上:7%

 

また、最近は無くなりましたが、以前は、当日イオンで使える割引券のお土産がありました。

 

f:id:cogepan20:20210602102353j:plain


                      

4 今後の方針 

イオンの株主になったのも10年以上も前で、株価も買値の3倍弱となっています。

自宅から歩いて5分の場所にイオンがあり、もはや切っても切れない関係。

ただし、チャイナリスクに対する懸念が深まりました

米中対立が長期化する中、米国は国家にも企業にも米中どちらにつくのか踏み絵を踏ませています。

 

ウイグル人に対するジェノサイドを理由に米国への輸入が差し止めとなったユニクロ

・テンセント(中国)からの出資により日米両政府から監視企業となった楽天

 

米国の この2社に対するアプローチは始まったばかり。

今後、より厳しくなる可能性もあります。

さらに、他の企業も対象になる可能性もあります。

 

現状のイオンは明らかに”中国志向”。

その理由は岡田会長の言葉を借りれば、過去の米国進出と撤退の経験に基づく”米国リスク”。

 

けれども、米中対立の現在、日米関係は劇的に変化しています。

岡田屋の家訓に

「大黒柱に車をつけよ!」

というものがあり、環境の変化に対応することの重要性が言い伝えられています。

ダイバシティ経営というものは女性を採用すれば済むというような単純な話ではありません。

三菱電機では経済安全保障担当という役員を儲けたと報じられています。

 

米国とのビジネスや経済安保に知見のある役員の採用を通じて、会社の持続的発展に取り組むことを切に願っています。

 

 

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

 

※この記事を読まれて、良かったと思われる方は★を押していただくと励みになります。

 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #イオン #経済安全保障

  

ワイズテーブル(2798)からの株主優待

こんにちは!

 

先日、ワイズテーブル(2798)から株主優待を頂きました。

 

f:id:cogepan20:20210530134222j:plain



 

 

 

  

ワイズテーブルの株主優待制度

2月末日・8月末日

株主優待

100株以上で 1000円×5枚→(年1万円相当)

 

また、3年以上継続保有(2月末)

会員証「XEX MEMBERS CLUB」(10%割引券)

なお、会員証の裏面には株主の名前が印刷されており丁寧なつくりになっています。

 

 【XEX愛宕ヒルズ

f:id:cogepan20:20210531211723j:plain

 

株主優待を利用して

 

よく株主優待に否定的な人は、優待のコストを配当に回した方が合理的と指摘します。

確かに、一理あると思います。

けれども、

「配当をもらって高級レストランに行くか? 」

と問われれば、必ずしもそうするとは限らないと思います。

少なくとも、自分のような田舎者は、XEXのような高級レストランは敷居が高く感じられます。

その点、株主優待券を利用することによって、背中を押され、非日常のレストランで、子供の受験合格祝いや就職内定祝い の素晴らしい思い出を得ることが出来たことは貴重な経験と考えております。

 

会社の経営が大変な時ですが、株主のそのような思いを大切にして株主優待制度の維持を強く希望しています。


 【上層階にXEXがある愛宕ヒルズ

f:id:cogepan20:20210531211743j:plain

株主としての今後

2021年5月28日、会社が債務超過上場廃止までの2年の猶予期間に入ったとの発表を受け、本日株価は8%を超える安値引けとなりました。

賢明な投資家ならここでいったん手仕舞うところかもしれません。

けれども、

 

・もう10年以上前からワイズテーブルの株主である

・家族との貴重な思い出が詰まったレストランがこれからも続いてほしい

・ワクチン接種が加速すれば2年以内に債務返済は可能

・会員証の保持

 

などの理由から株式の売却は考えていません。

腹をくくりました。

 

また、過去のワイズテーブルの株主総会において株主からの質問が1件もない時期がありました。

そして、先日の株主総会で、会長から

「この会社はお金を貯めることをしてこなかった。無駄遣いも沢山あった。」

との発言もあったようです。

そのことは、同時に株主もその経営姿勢を問題視してこなかったと言えなくもないでしょう。

そのことを肝に銘じるためにも、会社のV字回復を信じて微力ながら応援していきたいと思います。

 

 

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

 

※この記事を読まれて、良かったと思われる方は★を押していただくと励みになります。

 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #ワイズテーブル #XEX #サルバトーレクオモ