こげぱんの資産運用

ピンチはチャンスなりをモットーに株式投資を中心とした資産運用についてつづります

イオン(8267)について

こんにちは!

 

この記事は、イオン(8267)に関心のある方に向けた株主としてのコメントを記したものです。

 

・総合スーパーという印象が強いけれど・・・

チャイナリスクと「大黒柱に車をつけよ」

 

 

 

f:id:cogepan20:20210602092412j:plain



                       

 

1 イオンについて

⑴ 会社概要

皆さんよくご存じの総合スーパーで有名なイオンです。

小売業に区分されますが、M&Aで成長し金融や不動産など業種が多岐にわたります。

 

⑵ 株主になったきっかけ

イオンで買い物をすることが多かったことから株主優待を目当てに10年以上前に100株購入しました。

 

⑶ 経営分析

招集通知の連結計算書類をもとに簡単な経営分析をしてみます。

イオンは小売業でありつつも、イオン銀行を抱えていることから銀行業としての特性もあり、そのことが分析する点でのポイントとなります。

流動資産の中で、「現金及び預金」(約1.2兆円)より、「受取手形及び売掛金」(約1.6兆円)の科目が大きいことは意外でした。

というのも、小売業であれば、現金多めが”ふつう”と予想していたからです。

おそらくイオンカードによる売上債権が多いからだと思います。

 

それ以上に、流動資産で興味を引いたのは、一番金額の大きな科目が「銀行業における貸出金」(約2.3兆円)です。

 

棚卸資産については、約0.54兆円と在庫が巨額であることは小売業でとしての特色が表れています。

 

・収益性

小売業の売上総利益率は30~25%と言われていますが、イオンの場合27%であることから標準的と言えます。

特筆すべきは、FC加盟店からのロイヤルティ(加盟料)収入やイオン銀行からの収益が併せて1.1兆円あるということです。

直営店からの売上総利益が約2兆円強であることを考えても、本業以外で稼ぐ力の大きさが伺えます。

また、

売上高営業利益率:2021年2月期:7%

         2020年2月期:10%

収益性が落ちています。

 

 

・安全性

安全性については、流動比率200%以上、当座比率100%以上という安全性についての基準値を割っています。

特に、自己資本比率については17%であり財務基盤は良いとは言えません

ネット証券でイオンのファンダメンタルズの分析を見ても安全性は極めて低いスコア

けれども、流動負債における金額の一番大きな項目が「銀行業における預金」で3.7兆円、流動資産の「現金及び預金」も1.2兆円であることからイオン銀行の利用者からの大量の現金を保有していることが大きな特徴と言えます。

 

 

・効率性について

売上債権回転率の小売業の平均が12回に比べるとイオンの4.7回は見劣りがします。

棚卸期間回転率は小売業平均とほぼ同じ14.0回。

有形固定資産回転率も業界平均の5.7回に対してイオンは半分以下の2.5回。

効率的な経営に関してはイオンは業界平均達していないと言えそうです。

                       

 

f:id:cogepan20:20210602092359p:plain

 

2 株主総会

⑴ 2021年5月26日(水) オンライン株主総会

・赤字決算について陳謝

・事業報告のビデオ

・吉田社長からの5つの経営方針説明

・議案の説明。とりわけ買収防衛策については3年ごと見直しをしており、TOBが実施された際に、株主に正しい判断をしていただくために必要な時間と情報を確保することが趣旨。

などが実施されたのち質疑応答に移りました。

 

質疑応答

Q.店舗の込み具合が分かるようにしてほしい。

A.アプリ等実施済み。

Q.イオンラウンジの再会は?

A.コロナ禍終息後に実施予定。

Q.クーポンやアプリが多すぎる。

A.おっしゃる通り。真摯に受け止め改善を継続する。

Q.女性役員が少ない。

A.管理職の27%が女性である。ダイバーシティ経営を心掛ける。

Q.おなかに手をのせて挨拶をするのはおかしいのではないか?

A.承知した。一部、そのような挨拶のマニュアルが残っているので改善を進める。

Q.ジェノサイド関連でウイグル商品を扱うユニクロが米国から輸入差し止め処分となったが、イオンは大丈夫か?

A.(顔を引きつらせながら)そのような商品はない。また、オーストラリアの研究所が公表したジェノサイドに関わる企業の中にはイオンは入っていない。

Q.イオンにおける証券部門の立ち上げは?

A.イオンフィナンシャルの中で検討中。

 

⑵ 2020年5月22日(金) オンライン株主総会

初めてオンライン株主総会に参加しました。

オンライン総会と言っても、ZOOMを使った双方向というのではなく、YouTubeで総会の様子をみるという方式です。

株主からの事前の質問の大多数を占めたのが、マスク不足に関すもので、これに対しては、強靭なサプライチェーンを再構築されるとのこと。

 

気になった株主との質疑応答は次の通り。

Q.ウソをつく中国で展開するイオンが没収されるリスクについてどう考えるか?

A.武漢の例を挙げて、社員が頑張っている。米国リスクもある(米国からは撤退)。

  覚悟をもって対応していく(最も歯切れの悪い回答)。

Q.国産ブランドに力を入れることはしないのか?

A.個々の商品ごとに対応する。

Q.イオンラウンジの再会はいつか?

A.ウイズコロナを見据えて、新しい形でオープンさせる。

 

3 株主還元

⑴ 配当

2020年2月期:中間18円、期末18円の36円2円増配)。

2021年2月期:36円

連結配当性向30%が目標です。

 

⑵ 株主優待

株主優待カード(イオンオーナーズカード)にとる保有株に応じた返金率でのキャッシュバック

100株以上:3%

500株以上:4%

1000株以上:5%

3000株以上:7%

 

また、最近は無くなりましたが、以前は、当日イオンで使える割引券のお土産がありました。

 

f:id:cogepan20:20210602102353j:plain


                      

4 今後の方針 

イオンの株主になったのも10年以上も前で、株価も買値の3倍弱となっています。

自宅から歩いて5分の場所にイオンがあり、もはや切っても切れない関係。

ただし、チャイナリスクに対する懸念が深まりました

米中対立が長期化する中、米国は国家にも企業にも米中どちらにつくのか踏み絵を踏ませています。

 

ウイグル人に対するジェノサイドを理由に米国への輸入が差し止めとなったユニクロ

・テンセント(中国)からの出資により日米両政府から監視企業となった楽天

 

米国の この2社に対するアプローチは始まったばかり。

今後、より厳しくなる可能性もあります。

さらに、他の企業も対象になる可能性もあります。

 

現状のイオンは明らかに”中国志向”。

その理由は岡田会長の言葉を借りれば、過去の米国進出と撤退の経験に基づく”米国リスク”。

 

けれども、米中対立の現在、日米関係は劇的に変化しています。

岡田屋の家訓に

「大黒柱に車をつけよ!」

というものがあり、環境の変化に対応することの重要性が言い伝えられています。

ダイバシティ経営というものは女性を採用すれば済むというような単純な話ではありません。

三菱電機では経済安全保障担当という役員を儲けたと報じられています。

 

米国とのビジネスや経済安保に知見のある役員の採用を通じて、会社の持続的発展に取り組むことを切に願っています。

 

 

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

 

※この記事を読まれて、良かったと思われる方は★を押していただくと励みになります。

 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #イオン #経済安全保障