こげぱんの資産運用

ピンチはチャンスなりをモットーに株式投資を中心とした資産運用についてつづります

イオンディライト【9787】について〜16期連続増配(24位)のステークホルダーに優しい会社

投稿日:2022.2.16、更新日:2022.5.

こんにちは!

この記事は、イオンディライト【9787】に関心のある方に向けた株主としてのコメントをまとめたものです。

なお、2022年5月の株主総会の内容等を追記し記事をアップデートしています(更新箇所は青地です)。

・16連続増配銘柄(会社四季報で24位)

・株主、関連会社、従業員、銀行等のステークホルダーに優しい会社

【目次】 

【新オフィスが表紙を飾った中間報告書】

f:id:cogepan20:20220215084756j:plain                      

1 イオンディライトについて

⑴ 会社概要

ファシリティーマネジメントを事業領域とする商業・オフィスビル等の施設管理で売上首位の会社です。

企業理念 

イオンディライト ビジョン2025」

アジアにおける「安心・安全」、「人手不足」、「環境」の3つを成長戦略の柱に社会課題を解決する環境価値創造企業を目指す。

「中期3ヵ年経営計画」

「お客様起点の経営」、「DXの推進」、「グループ経営」を重視して事業活動を展開。

セグメント

7つの事業から構成されています。

( )の数字はセグメント別売上高構成比です。

全ての事業において前年同期比で売上高が向上しているのは評価できます。

設備管理事業(18.9%)

警備事業(14.4%)

清掃事業(20.8%)

建設施工事業(15.1%)

資材関連事業(17.6%)

自動販売機事業(8%)

サポート事業(4.9%)

⑵ 株主になったきっかけ

2月決算銘柄であり高配当だったため数ヶ月前に購入しました。

株価はほぼ横ばいですが、荒れる相場では意外と安心して持っていられます。

⑶ 2022年2月期の経営分析

⑷ 2021年2月期の経営分析

収益性

・売上高総利益率:12%

売上高営業利益率:5%

一般に、売上高営業利益りつが10%以上の株は優良株と言われます。

その点を踏まえても、収益性は高くはありません。

特に、売上高総利益率が12%というのは自分の持ち株会社の中でも最も低い数値となります。

低いことの理由は売上原価が高いこと。

このことについてIRに聞いてみました。

すると売上原価の内訳として

・外注費:業務委託や商品原価

労務費:会社直営でサービスを提供する人件費

の2つがあるとの回答でした。

このことから、取引先や社員に対してしっかりと報いている会社だと考えます。

一方、収益性の低さについての会社の認識を尋ねてみたところ

原価低減を図るためにDXによる事業構造改革を通じてサービスの省人化に取り組んでいるとのことでした。

今後はステークホルダーの満足度と収益性の両立が大切になってくると考えます。

安全性

流動比率(200%以上が望ましい):249%

自己資本比率(30%以上が望ましい):65%

短期的にも、中・長期的にも安全性に問題はありません。

株主のみならず、債権者にとっても安心ですね。

そういった点では、ステークホルダーの中で銀行にも優しい会社とみなせるかもしれません。

効率性 

・有形固定資産回転率:31.65

大部分の業種の数値が一桁であることを考えると、高いと数値と考えます。

施設管理の会社だけあって、不動産の有効利用が上手ということでしょうか。

他に、売上債権や棚卸資産の点でも比較的効率的な経営がなされていると考えます。

2 株主総会

⑴ 2022年2月期の株主総会

本社は東京に移転となりましがが株主総会の会場は大阪のままでした。

社長が議長を務めるとの宣言に対して拍手が沸きました。

会社(社長)に忖度する人が複数いると推察します。

主な質疑応答

【事前の質問5つ】

Q.ベンチャー企業への出資について

A.イオンディライトビジョンの中で新たな事業の創出を謳っており、ベンチャー企業への出資へも選択肢の一つと考える。対象としては脱炭素や高度な画像解析に基づく構造物のモニタリング等が挙げられる。

Q.KPIとして掲げるグループ内外比率(イオン60%、イオン以外40%)の達成状況について

A.まずは、イオングループの案件は100%取りに行く。その上でグループ外の顧客の獲得に努める。2022年度においては複数の新規顧客獲得が見込まれている。

Q.中期経営計画の修正の必要性について

A.現状では変更は考えていない。ただし、環境の変化に対しては柔軟に対処していく。

Q.株主優待の改善(長期優待制度)について

A.株主優待は重要な施策と認識している。貴重な提言として検討させていただく。引き続き、より一層の株主優待の魅力化に努める。

Q.自己株式の扱いについて

A.株式の希薄化を防止するために償却を実施した。なお、資金需要については外部調達が可能であることを含め、成長投資に問題ないと考える。

【会場から】

Q.(千葉からやってきた株主から)清掃に不備があるので何とかしてほしい。

A.社長が責任を持って調査・対応を実施する。

決議事項

 

終わりに

退任への御礼のお言葉

約50分で終了し増した。

⑵ 株主還元    

配当

配当性向は35%基準で、16期連続増配中。

さらに2024年2月期までに連結配当性向40%を目指すとのこと。

配当の推移は下記の通りです。

2019年2月期:63円

2020年2月期:65円

2021年2月期:82円

2022年2月期:85円(予想、記念配当を含む)

株主優待   

2月末日の100株以上の株主は株数に応じて、イオンギフトカード2000円分が貰えます。 

【中間報告書の裏面は株主優待について】

f:id:cogepan20:20220215084806j:plain             

3 株主としてのコメント

⑴  ステークホルダー思いの会社

外注費が高い→取引先:○

労務費が高い→社員:○

安全性が高い→銀行:○

黒字で納税→国:○

配当が高い→株主:○

ということでバランスの取れたステークホルダーに優しい会社だと思います。

ただし、DXなどで構造改革を進め収益性を高めていく方向性とのこと。

併せてステークホルダーの満足度が維持されるのことを期待します。

⑵ 気になる点

中国への事業拡大

米中対立が進む環境下、しかも、中国で得た利益を持ち帰られない企業が少なくない中での進出はリスクを伴います。

親会社のイオンの方針には逆らえないのかもしれませんが、深入りは禁物です。

DXの推進

DXの推進は賛成ですが、ITに詳しい取締役やIT関連の子会社ないことに懸念を感じています。

理由は、

・ベンダー任せで実用的なシステムを構築できるのか?

・ビックデータの時代に、施設やエリアで得られる空調、照明、電力等の様々な”一次データ”を活かせないのは機会損失ではないか?

という2点です。

持続的成長を続けるためにも、ITに強い社員の育成、IT企業のM&Aなどの”内製化”も必要と考えます。

「環境」

中間報告書の中で、サステナビリティ基本方針を制定したとの記事が載っていました。

その次のページで

・プラスチックから紙への変更

バイオマス原料を使用した素材への変更

が紹介されていました。

ちょっと、”しょぼい”と感じました。

ファシリティマネジメントの会社なので、ビルや施設に関連した環境に優しいトピックスの掲載を期待します。

株主総会実施場所

今までは大阪で株主総会が実施されていました。

今回、東京に本社が移転したため東京で株主総会が実施されるかどうか、とても気になります。

⑴ 業界ナンバーワンで連続増配の株主思いの会社

⑵ 何故、株価が低迷しているのか?

⑶ 仮説:経営戦略の物足りなさ

⑷ 論拠:自己株式の償却、連続配当の逆説、中国進出のリスク、質問に対して数値を出さない回答(古い)

4 まとめ

イオンディライトについて述べてきました。

取引先、従業員、銀行、国、株主など多くのステークホルダーに優しい会社だと考えます。

特に株主としては、これからも連続増配企業であり続けることに期待しています。

そして、DXを通じた事業構造改革や「環境」についてはさらに腰を据えて取り組む姿勢が求められると感じました。

お読みいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #イオンディライト