こげぱんの資産運用

ピンチはチャンスなりをモットーに株式投資を中心とした資産運用についてつづります

アンジェス(4563)について

こんにちは!

 

この記事は、アンジェス(4563)に関心のある方に向けた個人投資家(株主)としてのコメントを記したものです。

 

・コロナに対処する会社として応援

GC注記

 

【目次】

1 アンジェスについて

⑴ 会社概要

⑵ 株主となったきっかけ

⑶ 業績

 

2 株主還元等

⑴ 株主総会

⑵ 株主優待

 

 

3 今後の方針 

 

株主優待の一例】

f:id:cogepan20:20210505164905j:plain


 

 

 

1 アンジェスについて

⑴ 会社概要

 

創薬ベンチャー

大阪大学医学部が母体。 

 

 

⑵ 株主となったきっかけ

2020年のコロナ禍において、ワクチンを開発している会社として”応援”の意味を込めて株主になりました。

他には、デンカという会社も同じ理由で株式を購入。

1年後、デンカは1.5倍以上の株価に対して、こちらは塩漬け状態。

当初は含み益がありましたが・・・なかなかバイオ株は難しいですね。

 

 

⑶ 業績

赤字です。

GC注記(継続企業の前提に関する注記)が会社四季報に記載されています。

 

招集通知の対処すべき課題において

・自社既存プロジェクトの推進

・開発パイプラインの拡充と事業基盤の拡大

・開発プロジェクトにおける提携先の確保

・資金調達の実施

の4点を挙げそれにより、

「継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないと判断しております。」

と説明されています。

意見が分かれるところではあると思いますが、会社の判断もある意味正しいのかもしれません。

というのも、利益剰余金が146億円を超える赤字にもかかわらず、時価総額が1500憶円あること、そしてコロナワクチンや治療薬の期待があるからです。

先のことは分かりませんが、世界中で変異種が出ていることを踏まえれば、コロナについては、予防するためにインフルエンザ同様に毎年ワクチンを接種することが必要になるかもしれません。

そう考えると、今はファイザーやモデルナなどに比べて出遅れているかもしれませんが、長期的にワクチンの需要があるとするならばそれだけでも大粋な収益になるように考えます。

いずれにしても、バイオ株は難しいです。

しっかりと調べつつも慎重に付き合っていく姿勢が大切だと思います。

 

 

2 株主総会の様子

⑴ 2021年株主総会

 

第22期定時株主総会 2021年3月30日(火) ハービスHALL

会場が大阪のため不参加。

 

 

⑵ 株主優待

株主優待割引対象商品カタログが送付されてきました。

ハチミツや美容品、健康食品、ドライヤーなどが載っていました。 

5割引などお値打ちなものがたくさんありました。

 

また、議決権を行使した株主への特別企画として

美顔器やホワイトエッセンスなどを70%引き。

最近は、サムティ、GCAなど議決権行使によるクオカード送付などの企画が増えてきています。

商品の割引率アップというアンジェスの取り組みも注目していきたいと思います。

 

 

3 今後の方針

昨年NISA口座で購入しているため、含み益を期待しつつ、あと数年はホールドの予定です。

GC注記も気になりますが、コロナワクチンや治療薬の開発状況も気になります。

人の命に係わる会社であるという重みもあります。

ポテンシャルが高く大化けする可能性を秘めているので引き続き注視していきたいと思います。

 

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

 

※この記事を読まれて、良かったと思われる方は★を押していただくと励みになります。

 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #アンジェス #バイオ #コロナ #ワクチン #治療薬