こげぱんの資産運用

ピンチはチャンスなりをモットーに株式投資を中心とした資産運用についてつづります

スターマイカ【2975】について〜リノベマンション業界のリーディングカンパニー

初投稿:2021.3.15、更新日:2022.2.

こんにちは!

この記事は、スターマイカ【2975】に関心のある方に向けた株主としてのコメントをまとめたものです。

・リノベーション業界ナンバーワン

・2021年11月期は減収増益

なお、2022年2月の株主総会に参加したこと等を追記し記事を更新しています(更新箇所は青字です)。

【目次】

株主総会の会場となったホテルオークラ

f:id:cogepan20:20210315193639j:plain

1 スターマイカについて

⑴  会社概要

不動産会社でありリノベーションマンションのリーディングカンパニーです。

企業理念

「”作る”から”活かす”社会を実現します」

セグメント

3つの事業を展開しています。

リノベーション事業

リノベーション事業は、多数の賃貸中の分譲中古マンションを取得し、ポートフォーリオとして賃貸運用しながら、退去したから物件を1室ずつ順次リノベーションして居住物件として販売する事業。

安定的な賃料収入が得られる特徴があります。

インベストメント事業

インベストメント事業は、分譲中古マンション以外の収益不動産について、賃貸又は販売目的で投資運用を行う事業。

市況の変化を受けて、前連結会計年度までに全保有物件の売却を完了していたそうです。

アドバイザリー事業

アドバイザリー事業は、不動産の売買仲介、賃貸管理等の「フィー(手数料)ビジネス」を行う事業。

⑵   株主となったきっかけ

株主となったのは5年以上前です。

テレビ東京の番組を通じて、リノベーション事業ユニークなビジネスモデルに将来性を感じたのが購入したきっかけ。

NISA口座で購入し、価格は買値の倍以上になり分割

このため、一株を売り利益を確定。

残りの一株を恩株としてそのまま特定口座へ移管して保有し続けています。

⑶  経営分析

今期は減収増益

前期は増収減益

収益性

・売上高総利益率:15%

売上高営業利益率:8%

不動産会社としては頑張っていると思います。

安全性

流動比率(200%以上が望ましい):745%

自己資本比率(30%以上が望ましい):25%

短期的には安全性は問題ありません。

ただし、中・長期的には懸念があります。

資本増強のための資金調達の話も招集通知に掲載されていました。

効率性

・有形固定資産回転率:907.77

ちょっと桁違いに良い数値が出ています。

不動産会社なのに有形固定資産が小さいためですが、ビジネスモデルと関係があるように考えます。

ちなみに、流動資産に占める販売表不動産の金額が極めて大きいです。

f:id:cogepan20:20220224122118j:plain

2 株主総会

⑴ 2022年2月の株主総会

2021年2月24日(木)オークラプレステージタワー7階 メイプル

場所は昨年の上層階から下層階へ変更になりましたが、相変わらずのプレステージタワーでテンション上がります!

会場入り口でホテルオークラのお水をありがたくいただきました。

そして、会場内は30名程度の方がいらっしゃいました。

質疑応答

Q.株主総会の配信について

A.積極的に検討する。

Q.障害者雇用について

A.バリアフリー商品への意見を反映させる等、知見の活用を図っている。

Q.HPのつくりが上手な新しい会社との競争について

A.ユニークなビジネスモデル、21年間のビジネスの知見などの強みを活かす。

Q.中古マンションの事故物件などを含めたコンプライアンスについて

A.コンプライアンスについては十分気をつけて行く。

なお、これまで赤字になったこともなく、厳しいノルマを課してブラック化せざるを得ない状況になったこともない。

Q.アフターコロナの競争戦略について

A.3000個以上の取扱実績(ボリューム)によるスケールオブエコノミーを活かす。

Q.株価が低いのはIRの努力不足では?

A.IRについては過去に外国人に対して実施して効果があったことが確認されている。

個人のみならず、コロナ収束と共に外国人に対する積極的なIR活動を展開していきたい。

Q.過去10年の会社の成長について

A.東日本大震災の頃から今日の「踊り場戦略」までについて社長から説明

Q.ツクルバとの業務提携について

A.ネットを通じた顧客獲得という点での業務提携。

今後も、ネットとリアルのバランスをとりながら、業務提携を相手を精査しつつ業務提携を積極的に継続していく。

Q.リノベーション物件の売買の意思決定について

A.社長によるトップダウンの意思決定の”読み”が外れること自分自身良く自覚している。

このため、社外取締役(大学教授、官公庁出身者)、現場の営業や財務担当と毎日のようにディスカションして戦略的な意思決定に努めている。

Q.マンションリノベーション事業の規模について

A.リノベーションマンションの市場規模は、全国で約6万個(首都圏で4万個)であり、会社が扱うのは1200〜1500個である。

よって、まだ数パーセントでありこれからの成長余地は膨大と認識(まだまだ、個人間の取引が多い)。

決議事項

取締役選任の件

4回目の拍手を持って承認

なお、株主総会終了時の拍手はありませんでした。

f:id:cogepan20:20220224122203j:plain

⑵ 2021年2月の株主総会

2021年2月24日(金) オークラ プレステージタワー41階 エトワール

新しいホテルにテンション上がりました。

素晴らしい会場でした。

総会の進め方も丁寧。 

例えば、株主の承諾を得るための拍手の機会が3回ありました。

これは、出席者とのコミュニケーションを大切にする姿勢ととらえました。

質疑応答

主なものは下記の通り。

Q.新株予約権の行使状況は?

A.行使せず。

Q. 今期の利益率が前期と比べて低下した理由は?

A.コロナ禍の不動産市況を踏まえ保有不動産の換金化を急ぐため値引きして売却したため。

Q.ビジネスモデルは維持されるのか?

A.そのとおり。ビジネスモデルの優位性は変化していない。チューニングをしつつ規模の利益を追求していく。

Q.不動テックについての取り組みは?

A.今後、力を注ぎたい。

Q. 販売価格帯に変化はあるのか?

A.3000~4000万円のボリュームゾーンを中心としつつ、5000~6000万円の良い物件にも対象を増やしていく。

けれども億ションは不況に弱いため手を出さない。

決議事項

・取締役選任の件 3件

でした。

4回目の拍手をもって滞りなく承認されました。

総会終了後、会場のブラインドが開けられて素晴らしい眺望が現れました。

⑶  株主還元

配当

2020年11月期:32円

2021年11月期:33円

なお、次期配当は34円(配当性向22.4%)の予定とのことです。

株主優待

なし(廃止)

株主総会の会場からの眺望】

f:id:cogepan20:20210315193311j:plain

3 株主としてのコメント

⑴  株式の保有方針

引き続き、長期で持ち続けたいと考えています。

理由は2つ。

世界の主要な中央銀行が通貨を大量供給しているので、モノの価格は上がります。

その際、モノには債券、株式、不動産、金、暗号資産等があり、不動産会社の株は、不動産と株式の両方の恩恵を得られると考えるのが理由の一つ目。

ただしモノの価格の上昇にはタイムラグがあります。

よって、会社が末永く存続していかなければならいません。

その意味で、慎重な経営をしつつ株主に対する説明責任を丁寧に果たそうとする社長の真摯な態度信頼感を感じたことが2つ目の理由です。

ちなみに、株主優待を廃止し配当による株主還元に力を注ぐとのこと。

会社の決断を理解するとともに、これまで毎年クオカードを頂いたことに感謝します。

⑵ 気になったこと

資金調達

株主総会招集通知の「対処すべき課題」の中で財務基盤の強化が挙げられていました。

その中で「多様な調達手法の模索を行う必要があると考えております。」との気になる記述を発見。

自己資本比率が小さいので公募増資などもあるかもしれません。

短期的な株価の乱高下は覚悟したいと思います。

DXへの取り組み

DXに取り組む方向性は良いと思います。

そのためのツクルバとの業務提携と認識しています。

ただし、せっかくリノベマンション事業についての多くの一次データを自社で活かせないのはもったいない気がします。

将来的には、ITに強い社員の育成・役員の選任、あるいはIT企業のM&Aも視野に入れてみても良いのではないかと気になりました。

【廃止された株主優待

f:id:cogepan20:20210315194226j:plain

4 まとめ

スターマイカについて述べてきました。

リノベマンション業界のリーディングカンパニー、ユニークなビジネスモデル、株主総会における社長の丁寧な対応、そしてSDGsの追い風など心強い点が多くあります。

そして株チューバーにあまり取り上げられていないことも安心です。

このまま静かな環境下で株主を続けていきたいと願っています。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

#株式 #投資 #資産運用 #株主総会 #スターマイカ #リノベーション