こげぱんの資産運用

ピンチはチャンスなりをモットーに株式投資を中心とした資産運用についてつづります

スターマイカ(2975)について

こんにちは!

 

この記事は、スターマイカに関心のある方に向けた個人投資家(株主)としてのコメントを記したものです。

 

 

■株主となったきっかけ

株主となったのは5年以上前です。

テレビ東京の番組を通じて、リノベーション事業ユニークなビジネスモデルに将来性を感じたのが購入したきっかけ。

NISA口座で購入し、価格は買値の倍以上になり分割

このため、一株を売り利益を確定。

残りの一株を恩株としてそのまま特定口座へ移管して保有し続けています。

 

 ■会社概要

セグメントは主に3つ。

①リノベーション事業

リノベーション事業は、多数の賃貸中の分譲中古マンションを取得し、ポートフォーリオとして賃貸運用しながら、退去したから物件を1室ずつ順次リノベーションして居住物件として販売する事業。

安定的な賃料収入が得られる特徴があります。

 

②インベストメント事業

インベストメント事業は、分譲中古マンション以外の収益不動産について、賃貸又は販売目的で投資運用を行う事業。

市況の変化を受けて、前連結会計年度までに全保有物件の売却を完了していたそうです。

 

③アドバイザリー事業

アドバイザリー事業は、不動産の売買仲介、賃貸管理等の「フィー(手数料)ビジネス」を行う事業。

収益機会の多様化等により利益率は改善中。

 

■業績等

今期は増収減益

株価も低迷中です。

 

株主総会の会場】

f:id:cogepan20:20210315193639j:plain

  

株主総会の概要

2021年2月24日(金) オークラ プレステージタワー41階 エトワール

新しいホテルにテンション上がりました。

素晴らしい会場でした。

総会の進め方も丁寧。 

例えば、株主の承諾を得るための拍手の機会が3回ありました。

これは、出席者とのコミュニケーションを大切にする姿勢ととらえました。

質疑応答についても丁寧な対応でした。

主なものは下記の通り。

 

Q.新株予約権の行使状況は?

A.行使せず。

 

Q. 今期の利益率が前期と比べて低下した理由は?

A.コロナ禍の不動産市況を踏まえ保有不動産の換金化を急ぐため値引きして売却したため。

 

Q.ビジネスモデルは維持されるのか?

A.そのとおり。ビジネスモデルの優位性は変化していない。チューニングをしつつ規模の利益を追求していく。

 

Q.不動テックについての取り組みは?

A.今後、力を注ぎたい。

 

Q. 販売価格帯に変化はあるのか?

A.3000~4000万円のボリュームゾーンを中心としつつ、5000~6000万円の良い物件にも対象を増やしていく。

けれども億ションは不況に弱いため手を出さない。

 

決議事項については

 

・取締役選任の件 3件

でした。

4回目の拍手をもって滞りなく承認されました。

総会終了後、会場のブラインドが開けられて素晴らしい眺望が現れました。

 

 

株主総会の会場からの眺望】

f:id:cogepan20:20210315193311j:plain

 

■株主としての今後の方針

引き続き、長期で持ち続けたいと考えています。

理由は2つ。

世界の主要な中央銀行が通貨を大量供給しているので、モノの価格は上がります。

その際、モノには債券、株式、不動産、金、暗号資産等があり、不動産会社の株は、不動産と株式の両方の恩恵を得られると考えるのが理由の一つ目。

ただしモノの価格の上昇にはタイムラグがあります。

よって、会社が末永く存続して居なければならいません。

その意味で、慎重な経営をしつつ株主に対する説明責任を丁寧に果たそうとする社長の真摯な態度信頼感を感じたことが2つ目の理由です。

 

ちなみに、株主優待を廃止し配当による株主還元に力を注ぐとのこと。

会社の決断を理解するとともに、これまで毎年クオカードを頂いたことに感謝します。

 

株主優待としてのクオカード】

f:id:cogepan20:20210315194226j:plain

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。

 

 

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。