こげぱんの資産運用

ピンチはチャンスなりをモットーに株式投資を中心とした資産運用についてつづります

ユーザーローカル(3984)について~テンバーガーとして死角は無いか?

こんにちは!

 

この記事は、ユーザーローカル(3984)に関心のある方に向けた株主としてのコメントを記したものです。

 

・テンバーガーとして死角は無いか?

・何故、IT企業の株価がさえないのか?

 

【目次】 

 

株主総会の会場 メルパルク東京

f:id:cogepan20:20210929210428j:plain

                       

1 ユーザーローカルについて

⑴ 会社概要

ビックデータ・AI関連の会社です。

業種はSI・ソフトウエア開発、時価総額は295億円会社四季報秋号)。

今後の成長が楽しみな会社です。

■企業理念等 

・ビジョン

 ビックデータ・人工知能で世界を深化させる

・5つのバリュー

1 ユーザーは常に正しい

2 長期的発展

3 規律と遊び

4 One for All

5 ポジティブドリブン

良く考え抜かれた企業理念だと考えます。

■セグメント

・データクラウド事業単一セグメント

 ビックデータ・AIを活用したマーケティング分析及び業務支援サービスを開発・提供

・コアプロダクト

User Insight:Webマーケティング支援ツール

 Webサイト訪問者の属性分析を更に迅速化・高度化することで、訪問者ごとにサイト内容が変化するリアルタイムパーソナライゼーションをじつげんし、CVRの向上を図る。

Social Insight:ソーシャルメディア解析ツール

 SNS上でのやり取りを自動化し、マーケティングオートメーションを図る。

サポートチャットボット:人工知能を活用した顧客サポート業務の自動化サービス

 カスタマーサポート等企業受付の自動化

⑵ 株主になったきっかけ

会社を知るきっかけはネットでのテンバーガー候補銘柄としての紹介です。

その後、株価や業績をモニターし続けて昨年購入。

株価はほぼ横ばいですが、長期保有を予定しています。

⑶ 経営分析

株主総会招集通知記載の計算書類から分析を試みました。

増収増益で素晴らしい経営です。

ROE:14.2%、ROA:11.7%(総資産52憶)

株主資本や総資産を活かし高い利益を上げています。

 

■収益性

・売上高総利益率(40%以上が際立つ競争力):91%(売上高:20億円)

売上高営業利益率(10%以上が優良株):41%

高収益のビジネスモデルです。

■安全性

流動比率(200%以上が目安):865%

・負債比率(100%以下が目安):12%

自己資本比率(30%以上が目安):89%

財務基盤も盤石です。

■効率性

・有形固定資産回転率:34.56

IT系企業ということで、土地・建物への投資は少なめです。

 

2 株主総会

⑴ 株主総会

第16期定時株主総会 2021年9月22日(水) ホテルメルパルク東京

参加しました。

社長のあいさつに続いて、プライム市場への移行の報告がありました。

続いて、サポートチャットボットゆうこさんからの事業紹介。

コアプロダクト3製品に加え、カンニング抑止AI」「集中力の可視化」「個人情報保護のためのマスキング処理」「人物分析AI」など時代のニーズに応える画期的な商品が紹介されました。

■質疑応答

Q.事業領域について:会社四季報ではソフトウエア開発企業、招集通知書ではデータクラウド事業、総会の事業紹介ではサポートチャットボット等のAI企業としているが、社長が認識している事業領域(ビジネスドメイン)を教えて欲しい。

A. オンライン上でパッケージソフトを販売して収益を得ているが、パッケージソフトクラウド上のデータに紐づいているのが他社にない強み。

今後は、チャットボット領域でのシェア拡大を目指す。

Q.資本業務提携について:認知度向上について広報という手段をとるとのことだが、資本業務提携というアプローチによる認知度向上、信頼性向上、人材確保の考えはあるのか?

A. 提携という手段は有益と考える。

けれども会社のリソースの関係で、実施するとなると今ではなく将来になる。

■決議事項

・剰余金処分の件

・定款一部変更の件

・取締役等に対する譲渡制限付き株式の付与のための報酬決定の件

について滞りなく承認されました。

⑵ 株主還元    

■配当

一株当たり5円

予想配当利回り:0.16%

株主優待

なし

 

f:id:cogepan20:20210929210456j:plain                  

 

3 株主としてのコメント

⑴ テンバーガー候補として死角は無いか?

株主総会に出席して感じたテンバーガー候補としての死角について社長と社員の要因別に分析してみました。

・社長

まじめで地味な印象を持ちました。

リスクを抑え上手にここまで経営してきたことが伺えます。

長期的発展というバリューに基づいた結果だと考えます。

けれども、成長には連続的な成長飛躍的(非連続的)成長の2種類がり、この飛躍的成長についての機会損失が生じているのではないかと懸念しています。

既存事業を核としながらも、やり慣れないことへのチャレンジすることも必要です。

同業者のアルベルトの社長は、自動車、保険、携帯とうの大手企業との資本業務提携を通じて過去においてテンバーガーを達成しています。

同じくテンバーガー候補と見なされているビザスクの社長は大規模なM&Aに打って出て株価が大きく上昇中です。

その意味で、社長の”攻め”の姿勢がまだ見えていません。

社長が今後、コンフォートゾーンを抜け出して、チャレンジゾーンにて勝負することが会社のさらなる成長には欠かせないと考えます。

・従業員

従業員数は76名しかいません。

東証1部上場企業でプライム市場への移行が予定されていますが、社員数が少ないと思います。

サービス業の中小企業の定義は

・資本金5000万円以下

・従業員100人以下

のいずれかを満たすことと定義づけられています。

従って、ユーザーローカルは大企業ではなく、中小企業です。

業績不振により資本金を1億円にして中小企業化を果たした毎日新聞とは違います。

毎日新聞とは違うのだよ!毎日新聞とは!』

よって、76名の社員という会社のリソース不足により成長機会の損失が生じる懸念があります。

実際、認知度向上という「対処すべき課題」に対して、「業務提携」の効果を認識しつつも、人数の制限により「広報」という手段しかとり得ないと社長も総会で発言しています。

今はDXに追い風が吹いていますが、いつまでもチャンスは続くとは限りません。

世の中の流れに上手に乗るためにも、社内態勢の拡充を図ることが望ましいと考えます。

⑵ 何故、IT企業の株価がさえないのか?

ユーザーローカル、ブレインパッド、PRKSA等のIT企業の株価がさえません。

どちらかと言えば、乱高下しているような株価推移です。

何故、さえないのか?

IT関連銘柄は旬であり人気がありますが、本当に理解している人が少ないため、握力が弱く、機関投資家の売等の影響をもろに受けているというのが私の見立てです。

9月にユーザーローカルとブレインパッドの株主総会に出席しましたが、出席する株主数は極めて少なかったです。

コロナ禍やブレインパッドの場合はライブ中継という要因があるにしても、二けたに届かない出席者数は残念です。

日本航空JAL)は昨年11月に公募増資したにもかかわらず株価がV字回復しています。

そして、日本航空JAL)の株主総会の出席者数が抽選だったにも関わらず、約500名という大人数であったことを考え併せると、

「株主の会社への強い関心が株価にも良い影響を及ぼす。」

と言えると考えます。

あるいは、将来のIT企業間の過当競争を織り込み始めたのかもしれません。

いずれにしても、株価が同様な動きをすることは要注目です。

 

4 まとめ

テンバーガー候補としてユーザーローカルを分析しました。

長期的発展を意識した素晴らしい経営をしていることが明らかになりました。

けれども、懸念点として社長の飛躍的発展(攻め)に対する意識が見えないことや従業員数76名という経営リソースの少なさによる機会損失、そしてIT企業に共通する株主の会社に対する関心の希薄さが気になっています。

それらの懸念点の解消を含め、会社の成長を引き続き株主として注視していきます。

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

 

 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #ユーザーローカル