こげぱんの資産運用

ピンチはチャンスなりをモットーに株式投資を中心とした資産運用についてつづります

TAKARA&COMPANY(7921)について~M&Aの成果がでるのはいつ?

こんにちは!

 

この記事は、TAKARA&COMPANY(7921)に関心のある方に向けた株主としてのコメントを記したものです。

 

・株価低迷について~EPS

・株価低迷について~PER

 

【目次】 

 

株主優待

f:id:cogepan20:20210823150730j:plain


 

                       

1 TAKARA&COMPANYについて

⑴ 会社概要

■グループ企業理念等 

社会の公器としての使命を果たす

■目指す姿

グループ各社の専門性を磨き、お客様の企業価値拡大に貢献し、社会になくてはならないグローバル企業であり続ける

■行動指針

1 顧客とともに新たな価値を創造する

2 倫理と道義を重んじる

3 専門能力を高め、顧客とともに成長する

4 お互いを認め合い、高め合う

5 社会の公器として正しいかどうかを判断基準とする

”公器”という言葉から銀行をイメージしてしまいます。

金融サービスという業種なので大枠では正しいのかもしれませんが、この会社はB to Bの会社なので、一般消費者としての感覚ではピンときません。

また、お客様や顧客という言葉はありますが、株主についての文言がないことも気になります。

今は、従業員、債権者、株主、社会等さまざまなステークホルダーを意識することが当たり前の時代。

創業70周年を迎えたことは良いことですが、今後のさらなる発展のためには見直しが必要なのではないかと感じました。

 

■セグメント

ディスクロージャー関連事業

金融商品取引法有価証券報告書、四半期報告書、決算短信の英訳、目論見書作成支援

会社法:招集通知作成支援、ネットで招集のツール提供、ハイブリッド型バーチャル株主総会の動画撮影等

・IR:事業報告/株主通信、株主優待品の支援、統合報告書

・その他

●通訳・翻訳事業

 

⑵ 株主になったきっかけ

5月決算企業配当・株主優待もありディスクロージャー関連という希少性も魅力なため今年になってNISA口座で購入しました。

⑶ 経営分析

■収益性

売上高営業利益率:11%

比較的高収益であり、優良株と考えて良いと思います。

■安全性

株主総会の招集通知の連結計算書類から

流動比率:231%

・負債比率:38%

自己資本比率:73%

経営上の目安をすべてクリアしています。

財務的には問題なさそうです。

また、会社四季報2021年夏号から

ROEも10%

であることから、いたずらに資本をため込んでいるのではなく、投資に対してミニマムの利益は上げられていると考えます。


 ■効率性 

・売上債権回転率:5.62

少し低いように感じます。

財務面に強い役員がどれだけいるか分かりませんが、効率性を高める余地はまだまだあると考えます。

2 株主総会

⑴ 株主総会

第84回定時株主総会 2021年8月27日(金)メトロポリタン

参加できず

ただし、決議事項の中に

「退任取締役に対し退職慰労金贈呈の件」

というものがあり、創業70周年の”重み”を感じさせられました。

⑵ 株主還元   

■配当

・一株当たり54円

・配当性向40~50%

 ただし、ここ2年は40%未満が続いています。

配当利回りは2.91%(2021.5.17)

株主優待

株数と保有期間に応じたカタログギフトを頂けます。

100株で数カ月の株主として1500円相当のかれー&スープのセットを頂きました。

注文してから優待が届くまでは短期間で好感が持てました。

ただし、ウイルズのようなプレミアム優待倶楽部と比較すると商品選択の幅が小さくどうしても見劣りしてしまいます。

ディスクロージャー関連事業のIR関連の商品については競争力確保が必要だと思います。

 

グループ企業のロゴマーク

TAKARA & COMPANY ロゴマーク

                              (会社HPより引用)

舵輪、羅針盤、盾がをモチーフとしたデザインだそうです。

               

3 株主としてのコメント

⑴ 株価低迷について~EPS

TAKARA&COMPANYの株価は低迷しています。

株価はEPS×PERで決まります。

EPSの推移は

2019年5月:110.5円

2020年5月:139.0円

2021年5月:130.1円

2022年5月:125.9円

となっており、昨年5月をピークに低下しています。

EPS低下の理由として2点考えられます。

・コロナ禍の影響:国際会議の減少に伴う通訳事業への影響

M&Aの影響(PMI):昨年3月に買収した通訳・翻訳事業のサイマルインターナショナル社を始めとして積極的な買収を行っています。

PMI(ポスト・マージャー・インテグレーション)には

経営統合→業務統合→意識統合

の3段階に分かれると言われています。

まだまだ、M&Aの成果が表れるまでには何年もかかると考えます。

M&Aに積極的なクリエイトレストランツホールディングスもM&Aに伴うPMIコストによりEPSの低迷が数年続きました。

少なくとも、ライザップのように負ののれんをねらったM&Aの大失敗にだけはならないように祈っています。

業績面からみてもM&Aに伴うさまざまなコストにより上昇の効果はまだまだ先だと考えます。

⑵ 株価の低迷について~PER

2021年5月:PERは15倍

ほぼ日経平均株価と同レベル(少し高い)のように考えます。

TAKARA&COMPANYの比較会社として会社四季報ではプロネクサスを挙げています。

両者を比較したところ、チャートもなだらかな右肩下がり、時価総額も200~300憶円程度と大枠でとらえた場合には、顕著な差異は見出せませんでした。

そのことから、業界全体が飛躍的に伸びるような評価がマーケットから得られていないように考えます。

むしろ、ディスクロージャー業務の中でも、株主優待に関して「プレミアム優待倶楽部」をう寧するウイルズの方が激しい値動きをしており、テンバーガー候補としているユーチューバーもいるほどです。

基本的にB to Bの会社なのでB to Cの会社のように”大きな風”が吹くことも望めず、技術革新による飛躍的な発展が起こる可能性も少ないと思います。

当面、PER(人気)という面から見ても株価の上昇には時間がかかると予想します。

 

株価低迷をEPSとPERの面から分析しました。

M&Aの成否が会社の将来を左右すると考えます。

時間軸の長さで株主の会社に対する評価は大きく異なるように思います。

短期的(数年間)には厳しい状況が続くことを覚悟しています。

けれども、NISA口座で保有しているため5年以内には何らかの形で飛躍的な株価上昇を期待しています。 

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。   

  

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。 

 

 

#投資 #株式 #株主総会 #資産形成 #資産運用 #TAKARA&COMPANY