こげぱんの資産運用

ピンチはチャンスなりをモットーに株式投資を中心とした資産運用についてつづります

AI cross(4476)について

こんにちは!

 

この記事は、AI cross(4476)に関心のある方に向けた個人投資家(株主)としてのコメントを記したものです。

 

【目次】

1 AI crossについて

⑴ 会社概要

⑵ 株主となったきっかけ

⑶ 業績

2 株主総会 

3 今後の方針 

 

株主総会が開催された本社ビル 愛宕イーストビル】

f:id:cogepan20:20210406141346j:plain

 

1 AI crossについて

⑴ 会社概要

 

社名の通り、AI(人工知能)関連の会社です。

 

・ミッション

 Smart Work, Smart Life~テクノロジーでビジネススタイルをスマートに

・ビジョン

 AIでコミュニケーションの次元を高める会社

 

主な事業は、

・メッセージング(SMS配信)サービス

・ビジネスチャット→2021年4月1日に事業譲渡

・ヒューマンリソース(こころと仕事の機微情報の可視化)

3つ2つです。

 

⑵ 株主となったきっかけ

2020年秋に株主になりました。

 

10バーガー銘柄を探していた時、

・売上高成長率20%以上

売上高営業利益率10%以上

・創業者が筆頭株主

・上場後5年以内

との要件を満たしていることから将来性を期待して株式を購入。

現在は、塩漬けかつ底這い状態ですが、長期で付き合っていこうと考えています。

 

ちなみに株主還元(配当、株主優待、自社株買い)もなく、期待もしていません。

 

 

2 株主総会の様子

第6回定時株主総会 2021年3月26日(金)愛宕イーストビル(会社オフィス) 

最寄り駅はメトロ日比谷線虎ノ門ヒルズ駅」。

キレイなオフィスでした。

参加者は十数人程度でしたが、質問も多く有意義なものだったと思います。

 

主な質疑応答は下記の通りです。

 

Q.営業利益率10%にこだわる理由は?

A.上場2年目であり、会社の成長と企業価値向上のための指標のひとつと考える。

Q.研究開発費が少ないのでは(売上高に対して3%程度あっても良いのでは)?

A.新規事業投資等を踏まえて検討する。

Q.Aの会社なのにバーチャル株主総会をしなかった理由は?

A.事前に検討したが、費用対効果等を考慮し今回は見送った。

Q.「資本金の額の減少の件」の効果は?

A.成長戦略を実現するための財務戦略の一環。これにより、財政標準課税が無くなり1000万円の税金の支払いが無くなる。

Q.プライム市場へ移行する考えは?

A.無い。グロース市場を目指す。

Q.LINEの個人情報問題がビジネスに与える影響は?

A.今のところ直接的な影響はない。

Q.SMS、チャット、ヒューマンリソース(HR)の3つの事業の将来展望は?

A.SMSの日本での市場規模は150憶円で、米国の10分の1。米国のCPaaS(コミュニケーション・プラットフォーム・アズアサービス)の発展を見越して、この分野のシェアナンバーワンを目指す。チャットはSMSとの親和性が良いビジネス。HRは別次元のビジネスととらえている。

Q.配当については?

A.企業価値向上を優先し、しばらくは無配としたい。

Q.社長が会社の成長ストーリーを維持するために着目している指標は?

A.売上高成長率:30%、(導入)企業数、売上高営業利益率の3指数を重視している。ただし、利益率はブレが大きいことを考慮している。

 

総会終了後、役員の皆さんにエレベーター前で株主を見送っていただきました。

良かったと思います。

 

3 今後の方針

質疑応答を聞いていて、社長は非常に頭の良い方だと思いました。

レスポンスが速く論理的に回答している姿は好感が持てました。

ただし、少し専門用語が多かったご様子。

この辺りは、経験を積みながら相手に合わせたコミュニケーションが取れるようになると思います。

女性創業者である原田社長のリーダーシップが発揮されている間は、非常に面白い会社であると思います。

 

また、4月1日付で、ビジネスチャット事業の事業譲渡が報じられました。

社長の果断な決断力によるものと思います。

 

 競争が激しい業界なので、限られた経営資源選択と集中を進め、機会損失の無いように経営に全力を注いでいると評価します。

日本におけるSMS市場の拡大とその分野でのリーディングカンパニーとしてのさらなる成長・発展に向けての社長の経営手腕を見守っていきたいと思います。

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。   

 

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。