こげぱんの資産運用

ピンチはチャンスなりをモットーに株式投資を中心とした資産運用についてつづります

ギグワークス(2375)について

こんにちは!

 

この記事は、ギグワークスに関心のある方に向けた個人投資家(株主)としてのコメントを記したものです。

 

まだ、株主になって1年ほどしかたっていませんが、株価も堅調で買値の1.5倍になっています。

比較的新しい会社と思っていましたが、先日行われた株主総会44期

業績は5年連続の増収増益で、コロナ禍にもかかわらず過去最高の営業成績を達成。

株主優待ではビットコインを提供。

東証2部で目立たないかもしれませんが、興味深い会社です。

 

■会社概要

インターネットなどを通じて単発・短期の仕事を受発注する仕組みを提供する「ギグ・エコノミーのプラットフォーマー」として事業活動する会社です。

そのビジョンは『日本一のギグ・エコノミーのプラットフォーマーになり、労働市場に革命を起こす』という壮大なものです。

セグメントは主に2つ。

 

「オンデマンドエコノミー事業」

オンデマンドエコノミー事業は、ライフスタイルや人生のステージに合わせて「必要な時に必要なだけ働ける」をテーマとしたプラットフォームを提供すること。

現在、5000人を超える個人事業主フリーランスが働き手として活躍中。

 

「シェアリングエコノミー事業」

シェアリングエコノミー事業は、「必要な時に、必要な分だけ使う(借りる)」をテーマに、主に起業家や個人事業主支援を目的にスペースシェアを主体としてシェアリングサービスを提供すること。

首都圏を中心に59拠点をシェアオフィスとして個人事業主に提供中。

 

政府が進める働き方改革、テレワークの普及、IT支援サービス業界における人手不足などを背景として業績は拡大中。

  

株主総会の概要

2021年1月29日(金) 虎ノ門ツインビルディング

虎ノ門ツインビルディングには本社があり、そのビルの一室で総会が開催されました。

出席した株主は5人とこじんまりとしたものでした。

社長の簡潔な説明により総会は円滑に進行していきました。

 

決議事項については

・定款一部変更の件

・取締等の選任の件

・取締役に対する譲渡制限付株式の付与のための報酬決定の件

でした。

 

出席した株主もあまり会社のことを理解していなかったようで、

・会社の強みと弱みを踏まえた沿革を教えてほしい

・業績が良い中、何故敢えて定款を変更して新業種へ参画しようとするのか?

というものでした。

 

会社はもともと、パソコンの設定を手伝うことから始まったようです。

強みとしては、ITに強い特徴を活かし、デジタルトランスフォーメーションを追い風として業績を拡大されたということでした。

弱みとしては、認知度が低いとのこと。

総会出席人数を含め、確かにまだ広く世間に知られているとはいいがたいと思われました。

 

また、事業の多角化については総会が年1回ということもあり、タイミングを逸しなように定款変更に至ったとのことでした。

成長性を追求する姿勢に好感が持てました。

 

決議事項は承認され、滞りなく総会は終了しました。

 

 

 

株主総会の会場となった虎ノ門ツインビルディング】

f:id:cogepan20:20210216150105j:plain

 

 

株主優待としてのビットコイン

 

ITに強いという強みを生かして、株主優待としてビットコインを提供していることもこの会社の大きな特徴だと思います。

自分の場合、株主優待としてビットコインを頂くのは実はこれが2回目。

最初はマネックス証券から頂きました。

その際、マネックスグループ傘下のコインチェックに口座を開くことでビットコイン500円分を頂きました。

口座を開くのはネット上で完結しましたが、意外と本人確認等の手続きが厳しくて3回ぐらい”やり直し”を食らいました。

今回は1000円相当ビットコインを頂きましたが、ビットコインを取り扱える口座があったおかげです。

フィンテック関連に関わっている人は、コインチェックのような暗号資産を扱えるサービスアカウントは必須となっていくように感じました。

ただし、ビットコインを頂いたタイミングは1ビットコイン当たり500万円を超えたタイミングでしたので、もう少し早く頂ければ・・・と、少し残念でした。

 

株主優待としてのビットコインを頂いた時のメール】

 

f:id:cogepan20:20210216150127p:plain

 

■配当

2019年:14円

2020年:22円

2021年:24円(予定)

増配が続いており、株主還元にも力を注いでいることはありがたいです。

 

■株主としての今後の方針

NISA口座で買っているため、5年以内には売却を考えています。

含み益も積みあがっていますが、成長ストーリーも崩れていないため数年はホールドする予定です。

さらなる、大化けの期待もあります。

また、創業40年の企業が、どのようにしてこのような飛躍を実現したかについても興味があります。

それは、新興企業だけでなく、老舗の企業の中にも成長する可能性があることを意味しており、投資対象が広がることにつながるからです。

 

そのような観点からも、ギグワークスを注意深く見守っていきたいと思います。

  

 

おつきあいいただき、ありがとうございました。

 

 

※当ブログに掲載されている所感は、あくまでも個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではなりません。投資は自己責任でお願いします。